« 重苦しい気持ち | トップページ | お盆休み »

「カインとアベル」18話

理事会の前にオ理事がもどってきました。副院長は自分の支持者がきて喜んだと思うけど、オ理事はソヌに殺されかけているからチョインの側につくだろうなあ。

理事会が始まりました。

でもその日はソヌの陰謀でヨンジが中国から健診に来た人たちの観光案内をしていました。

チスがツアー客の中に紛れ込みまたヨンジを拉致します。

チスは理事会の最中にチョインに電話をかけ、「ヨンジは預かった。会って話そう。」と言います。

それに、警察が理事会の最中に入ってきて、チョインをチェ社長の殺人容疑で連行します。

でもチョインは病院を出る前にトイレに行き、ボールペンの中のバネを飲み込み窒息しそうになります。そして、キム医局長が手術をすると見せかけてチョインを逃がします。

理事会の結果は6-4で救命センターが設立されると決まりました。やはりオ理事と診療部長が裏切ったのでした。

チョインはチスに呼び出されヨンジを助けに行きます。

チョインとチスの話が携帯に?録音されていて、チョインがあらかじめ警察に連絡していたのか警察がチスを捕まえにきました。

1

チスは連れて行かれましたが、そこにソヌも来ました。

ソヌはチョインに「なぜ(俺を)殺そうとした?」と聞かれ、チョインばかり大事にされて父に認めてもらえなかったからだと言います。

チョインに「謝ってくれれば元の関係にもどる」と言われても謝りませんでしたが、心の中では謝っていました。

ソヌはソヨンに電話をし、「君への愛は本物だった。」と言い、ソヨンも「味方が1人ぐらい必要でしょ。」と許します。

でもそのとき、ソヌは倒れてしまいます。

ソヌがポソン病院に運ばれてきて、チョインはソヌが脳腫瘍だったと知ります。

1話で盛りだくさんの内容でした。チョインが殺人容疑をかけられたときはどうなるかと思ったけど、簡単に決着がついてしまいよかったです。

チョインがソヌの手術をすることになるのかなあ?

|
|

« 重苦しい気持ち | トップページ | お盆休み »

カインとアベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 重苦しい気持ち | トップページ | お盆休み »