« 「オー!マイレディー」11話 | トップページ | 久しぶりの大きなサークル »

「オー!マイレディー」12話

ゲファはユ代表に「一緒に暮らしていても変な関係ではありません。」と言います。

ユ代表は動揺して「話はまた明日に」と言って帰ってしまいます。

この話をいつもの記者が聞いてしまいました。

次の日、ユ代表の妻は「離婚をしましょう」と言いますが、ユ代表は「君が切り出す話じゃない。」とはっきりしません。

ミヌはイェウンの連絡帳にサインしたり、靴下のはき方を直してあげたり、だんだん父親らしくなっていきます。

でもその日新聞の一面には「Sさんが年上の女性と同居」と載ってしまいました。

ユ代表の会社にも記者が押しかけ、そこに現れたゲファは写真を撮られたり卵をぶつけられたりします。

ユ代表が助けてそこを抜け出しますが、ゲファはまだユ代表に本当のことは言えません。

チョン室長が一面を書いた記者を呼び出し、ゲファが脅迫したから同居することになったと話します。

それで記者はすぐに「Yさんがミヌを脅迫」とすぐ連絡をし、ニュースに流してしまいます。

ゲファはミヌに電話をかけ、「代表が一緒にいてくれているから大丈夫。恥をかかせてごめんなさい。」と謝ります。

ミヌはゲファの心配をしていましたがユ代表と一緒だと聞いて怒ります。

ゲファがボンナムに「イェウンをお願い」と電話で話しているのをユ代表に聞かれてしまい、とうとう本当のことを話します。

ユ代表はゲファが家に帰れないのでサウナに送りました。

ミヌはなんとか家の前の記者たちをまいて外にでます。

するとユ代表に呼び出されました。ユ代表は「責任はお前にある。前に大人になったと言ったがその証明をしろ。」と言ってミヌを殴ります。

ミヌはゲファのいるサウナに行きます。

そしてめずらしく素直に「心配して来た」と言い、「記事を見るな。しばらく我慢するしかない・・・」とスキャンダルになったときのアドバイスをします。

そして、周りの人がゲファの悪口を言っていると、耳をふさいであげます。

ミヌはまたユ代表に会いに行き、「室長から離れるのが怖い。自信がない。」と言うと、ユ代表は「やり遂げた結果自信がつくんだ」と言ってあげます。

ミヌは、ユ代表が「人気が落ちても最後の練習を見て(ミュージカルに出すか)決める」と言ったので決心をして家に帰ります。

そして記者たちに「明日、すべてを話します。Yさんの写真を削除して、取材をやめてください。」と言います。

ボンナムがミンジとイェウンを連れてサウナに来てみんなで一晩を過ごしました。

次の朝ゲファがテレビを見るとミヌの記者会見が始まりました。

ミヌは「ミュージカルへの出演を決めたのは僕自身です。脅迫はされていません。」と言い、ゲファとの関係を聞かれ「付き合っています。」と言ったのでゲファは驚きます。

付き合ってもないのにどういうつもりなのかな?

イェウンのことを隠そうとしているのかな?

ミヌは自分のことよりゲファの心配をしているし、ゲファを守ってあげようとするし、ユ代表に嫉妬するし、自分でも気づいてないけどゲファがもう好きだよね。

早く自分の気持ちに気づかないかなあ・・・

ゲファはまだミヌのことをそんなに好きでもなさそうだけどね。

|
|

« 「オー!マイレディー」11話 | トップページ | 久しぶりの大きなサークル »

オー!マイレディー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「オー!マイレディー」11話 | トップページ | 久しぶりの大きなサークル »