« 「結婚してください」44話 | トップページ | 「結婚してください」46話 »

「結婚してください」45話

テホが元の番組のプロデューサーに「夫婦でゲストに来てもらおう」と言われたので、言い訳をしてその場から逃げ出します。

ジョンイムが番組の収録を終えるとテホが控え室に来て大げさに褒めます。

でも「俺が夫と知ったらファンに失望される」とジョンイムが心配だから歌手をやめさせたいみたいなことを言います。

ジョンイムに「本当は私が歌手なのが嫌なんでしょ」と言われ、「ああ嫌だ」と言ってしまい、またけんかになります。

二人がけんかをしているとちょうどチェ君とソヨンが通りかかり、一緒にお茶を飲むことにします。

チェ君がジョンイムを褒めたり優しい言葉をかけてあげたりして仲がいいところを見せつけるのでテホは不機嫌です。

後でテホがチェ君と二人になると、「ジョンイムを利用するのはやめてほしい・・・・」と話しているうちに「ジョンイムに気があるんですか?」と聞いてしまい、チェ君が「いけませんか?」と言うのでテホは大笑いをします。

チェ君がジョンイムと帰る時、「テホさんのことは忘れて歌に集中してください。」と言うし、ソヨンはテホに「ジョンイムさんへの未練を捨てて私のほうを見て。」と言います。

ジョンイムの父がギョンフンに「ヨンホさんと幸せになれ。・・・結婚式は盛大にしてやれ」と言ったので、ギョンフンはヨンホの気持ちを尊重して電話で「婚約式をしよう」と言って謝ります。ヨンホは大喜びです。

ジョンイムが苦労もせずに人気歌手になったので、下積みの若手たちがジョンイムをいじめます。

「社長(チェ君)とどういう関係?」と聞かれたりするので、チェ君に「私のことが好きなの?」と聞きますが、チェ君は「遊んでいる暇はない。」と言って答えません。

でもまた二人で登山をしている途中でチェ君がついにジョンイムに告白してよろけて転んだジョンイムにキスをしようとします。

でもテホがエランたちから二人が登山をしていると聞いて追いかけてきて、ちょうどその場面を見ていました。

やあ、ついにチェ君が告白してくれてよかったあ。

ジョンイムをけなしてばかりいるテホよりチェ君のほうが優しいし、歌手として育ててくれるしジョンイムにとっては絶対いいよね。見た目はちょっとキモいけど、だんだん見慣れてきました。

テホが追いついてその場面を見ちゃうなんてありえないけど、面白いです。

|
|

« 「結婚してください」44話 | トップページ | 「結婚してください」46話 »

結婚してください」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「結婚してください」44話 | トップページ | 「結婚してください」46話 »