« 「僕の妻はスーパーウーマン」5話 | トップページ | 「僕の妻はスーパーウーマン」7話 »

「僕の妻はスーパーウーマン」6話

ダルスはジュンヒョクにクビだと言われます。

Cap027

ジエはボンスンに「試食会のことは知らない」と言われるし、ダルスがクビになったと聞いてボンスンに土下座をします。

その場面をダルスとテジュンが見ていました。

ダルスはジエを連れて帰り、抱きしめます。

テジュンは秘書に「(食中毒の訴えは)自作自演の可能性もあるから調べてくれ」と頼みます。

Cap028

ジエが訴えに来た女の連絡先をジュンヒョクに聞きます。

ジュンヒョクがなかなか教えてくれず、ダルスの悪口を言うのでジエは「あなたが1000人いてもあの人にかなわない」と言います。

ジュンヒョクは熱意に押されて連絡先を教えます。

訴えた女性はヨンミン夫人の知り合いでした。ジエが「カルテを見せて」と言いに来たので怖くなってボンスンに助けを求めますが、ボンスンは自分が頼んだのに知らん顔をします。

ジュンヒョクもこの件にヨンミン夫人とボンスンが関わっていることを知り、ボンスンに「しらを切れ」と命令します。

ボンスンはまた無職になったので、運転代行をしていました。

ソヒョンに呼ばれて迎えに行くと一緒に飲みに行かされ、帰りの車の中でソヒョンはダルスの頬にキスをします。

Cap030

結局訴えた女性が嘘をついていたことが理事に伝わり、ヨンミンが辞めさせられ、ダルスが会社にもどることになりました。

ダルスが復職したことを知らないジエはお金に困って結婚指輪を売ろうとします。

Cap032

ジエのことが気になったテジュンがジエを捜し、指輪を売ったのを見て後で買い戻し、ジエに渡します。

ソヒョンも寂しいのはわかるけど独身の人を捜せばいいのに。

Cap033

テジュン役のユン・サンヒョンはキムタクに似ているけど比べるとイマイチかなあと思っていました。

でも見慣れるとだんだんかっこよく見えてくるから不思議です。

|
|

« 「僕の妻はスーパーウーマン」5話 | トップページ | 「僕の妻はスーパーウーマン」7話 »

僕の妻はスーパーウーマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「僕の妻はスーパーウーマン」5話 | トップページ | 「僕の妻はスーパーウーマン」7話 »