« 「僕の妻はスーパーウーマン」6話 | トップページ | 「僕の妻はスーパーウーマン」8話 »

「僕の妻はスーパーウーマン」7話

テジュンはジエに「結婚指輪を簡単に売るな」と言って指輪をジエに渡します。

ぶっきらぼうな言い方だけど、ジエはテジュンにお礼を言います。

ジエはテジュンのことを無職のテボンだと思っているんだけど、全然疑ってないみたいです。

ダルスがジエに正社員になったことを知らせるとジエは喜びます。

Cap034

でもダルスはソヒョンが人事に圧力をかけたのかと心配になってソヒョンを呼び出します。

ソヒョンのせいじゃなかったけど、ソヒョンは就職祝いだと言ってダルスにロブスターをごちそうします。

そして、「先輩を好きになるわ。これは生きるための選択よ。先輩には何も望まない。」と言います。

Cap037

ダルスがソヒョンに家まで送ってもらうとちょうどジエが家から出てきていて、ダルスが女性といるのを見て怒りますが、相手が社長夫人だと聞いてコロッと態度を変えて後でダルスに「奥様と親しくなるのよ。」と言います。

ジエが平岡会という社員の婦人会の入会申し込みをしました。

Cap038

でも入会審査の日、理事夫人はジエの入会に反対します。

ボンスンもジエが「社長夫人と仲がいい」と自慢している会話をみんなに聞かせて、嘘だと決め付けます。

Cap039

ジエが外に出て泣いているとテジュンがまた通りかかります。テジュンに慰めてもらったジエはテジュンにお見合いを勧めます。

相手はジエの友達のファジャです。テジュンはジエに会いたくてお見合いをするけど、もちろんファジャはテジュンが気に入ります。

テジュンがジエに「ひげを剃ったほうがいい」と言われて素直に剃って、ジエに見てもらうのが子どもみたいでかわいかったです。

ジエがソヒョンにあいさつに行くと、ソヒョンはダルスと3人で食事をしたいと言います。

ダルスは仕事が忙しくて遅れたのでソヒョンはジエに「先輩と今でも親しくしています。かなりね。」と、わざと本心を伝えようとします。

テジュンが指輪を買い戻してくれてもジエはまだテジュンが無職だと信じてるなんて・・・まあそれも面白いけど・・・

|
|

« 「僕の妻はスーパーウーマン」6話 | トップページ | 「僕の妻はスーパーウーマン」8話 »

僕の妻はスーパーウーマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「僕の妻はスーパーウーマン」6話 | トップページ | 「僕の妻はスーパーウーマン」8話 »