« 「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち」第15話 | トップページ | 「私の期限は49日」第8話 »

「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち」第16話

ボクチャはジャウンが心配でおなかをさすってあげると、ジャウンは母を思い出して喜びます。

チャウンも来て二人でジャウンを見守ります。だいぶ情が移ったようです。

翌朝ボクチャはジャウンのためにあわび粥を作りますが、「これを食べたら出て行って」と冷たく言ってしまいます。

テシクがイェジンにプロポーズすることに決め、ペンダントを買うことにします。

それでミスクに頼んで一緒に買いに行きました。

テシクが好きなミスクは、選んだ後我慢できずに一人で帰ろうとしますが、戻っていってテシクに告白します。

ミスクはプロポーズを延期するように頼みますが、テシクは断ります。

テボムはスヨンの家に結婚の申し込みに行くことにしました。

お土産も用意したのに、スヨンは母が好きなワインを買い、テボムが着ていくスーツや香水まで買ってテボムに着させようとします。

テボムは「自分の存在が否定された」と怒ってしまいます。

ボクチャが祖母とジャウンと唐辛子を干しているとき、祖母がボクチャの悪口を言うのでジャウンはボクチャの味方をして祖母に言い返します。

でもボクチャは「目上の人にそんな言い方をしてはいけない」と怒ります。

また、ボクチャは知り合いの農家のカモの飼料を調べるためにジャウンを連れて行きますが、知り合いに見つかってしまい逃げて帰ります。

ジャウンと一緒に逃げるうちにお互いに気を許しますが、ジャウンが「覚書を盗んだと疑ってごめんなさい。」と言ったので、本当は盗んでしまったボクチャは本当のことが言えず、気まずい思いをします。

テボムは少し頭を冷やした後自分でワインを買い、自分の服でスヨンの家を訪ねます。

母は豪華なごちそうを用意していましたが、内心は怒りが収まらず「スヨンにひざまづいて謝らなければ、結婚は許さない。」と言います。

イノの運転手をしていたマンシクがジャウンを心配して会いに来ました。

そのとき、ジャウンはイノがチャウンに農場を貸していたことを話してしまいます。

マンシクは悪そうな人だからチャウンに「農場を返せ」と迫りそう。

台湾のホテルの記念行事に出席していた人の名簿が警察署に届きました。

イノとマンシク、署長のギチョルの3人の名前があったので、テヒはマンシクを調べることにします。

その夜テヒの部署では飲み会があって、テヒは酔い潰れて家に帰ります。

そしてジャウンのテントに入って行きます。

ジャウンに近づいて見つめちゃって・・・・でもまだ何もないよね。

|
|

« 「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち」第15話 | トップページ | 「私の期限は49日」第8話 »

烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち」第15話 | トップページ | 「私の期限は49日」第8話 »