« 「私の期限は49日」第11話 | トップページ | 「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち」第24話 »

「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち」第23話

ジャウンの継母は、チャンシクたちに「明日にでも農場の名義変更をして」と言いますが、ボクチャは継母がジャウンを捨てたことを責めます。

ボクチャが「農場を返すならジャウンに返す。」と言い返したので、継母はその晩はあきらめて帰ります。

テピルが飲み屋で兄弟たちを集め、ボクチャが覚書を盗んだことを話します。

みんな農場をジャウンに返す気ですが、チャンシクがボクチャに話しているので様子を見ることにします。

そのとき、継母にすっぽかされたジャウンがその場に現れます。

みんな気まずい雰囲気になり、テヒは先に帰ってしまいます。

スヨンがテボムのために慣れない料理を作って待っていましたが、テボムとヘリョンの写真を見つけてしまい、テボムが帰ってきても怒って料理を捨てて先に寝てしまいます。

ボクチャはやっと農場を返す決心をして、その前に両親の墓参りに行くことにします。

テピルがボクチャを送るとき、「就職するよ。10年たったら農場を買ってあげるから待ってて。」と言います。

こんなに親思いの人だったんだ・・・

次の朝、スヨンの両親に朝食を食べに来るよう呼ばれたのでテボムたちはよばれにいきますが、スヨンはまだ写真のことを怒っていて食べずに会社へでかけてしまいます。

スヨンの母にいろいろ言われてもテボムは怒らずがんばって?いました。

テピルがヨウルの店に立ち寄り、開店にあたってのアドバイスをしたので、ヨウルはテピルにマネージャーになってと誘います。

ボクチャは墓参りをしながら覚書を盗んだことを懺悔します。

心配で見に来たチャンシクと一緒に食事をして、次の日に自分でジャウンに盗んだことを話し謝るとチャンシクに話します。

テボムがヘリョンとの写真をスヨンが見てスヨンが怒っていることを知りました。

そして写真は処分し、スヨンに手料理を作ってあげ、「幸せになれるよう努力する。」と言います。

ちょっとずつスヨンに歩み寄っている感じです。

その晩、チャンシクが子どもたちに、ジャウンに農場を返して引越しをする話をします。

その後、テヒがカモの世話をするジャウンを見つけ、一緒に話をしました。

ジャウンが、手作りの「幸運のお守り」をテヒにあげたので、テヒももうなかなか話す機会がないと思って「写真に写っていた人は僕を産んでくれた人」と教えます。

ますますいい感じですね。

ジャウンはボクチャが覚書を盗んだのを知ったらショックだと思うけど、これだけ仲良くなったからチャンシクたちを追い出しはしないよね。

バラバラになったら話が続かないし・・・

|
|

« 「私の期限は49日」第11話 | トップページ | 「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち」第24話 »

烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「私の期限は49日」第11話 | トップページ | 「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち」第24話 »