« 「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち 」第41話 | トップページ | 昔の写真のデータ化 »

「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち 」第42話

ヘリョンの家の前でテボムに会ったスヨンはテボムに「今日家から出て行って」と言い、テボムも承諾します。

テヒは海でジャウンとラーメンを食べながら亡くなった実の母親の話をします。

母はテヒだけでなくジェハまで傷つけたし、テヒのことを思いながらも死ぬまで一度も尋ねてこなかったことを嘆きます。

その後、ついにジェハのところへ母の遺品をとりに行きました。

たくさんの靴が並んでいて、テヒは日記や写真、メッセージを見て泣きます。

会えなかったのはつらいけど、自分のことをこんなに思ってくれていたとわかってよかったね。

チャンシクが病院をたずねてテシクが退職したことを聞きます。

チャンシクはテシクを飲みに誘います。

退職したことは何も言わず、グクスが現れたことで「大変だろう」とねぎらったり、「よくやってる」と認めたりします。

いつもはテシクに特にきびしいのに、この日はいい父親だなあ。

ヨウルはスヨンが離婚すると聞いて止めますが、スヨンの気持ちは変わらないようです。

ジャウンはテヒと海に行って帰りが遅くなったけど、ボクチャに連絡してなかったのでボクチャは怒りました。

ジャウンはボクチャが自分のために真剣に怒ってくれるのがうれしかったし、次の朝、ボクチャがくれたマフラーをしてご機嫌をとり、許してもらいます。

テピルがテヒとジャウンが夜遅く帰ってきたことで、二人をからかいます。

ボクチャたちは何も知らないので、テヒにお見合い話を持って来ましたが、テヒは断ります。

テボムは家を追い出されたのでテヒにお金を借りて部屋を探すことにしましった。

でも家族に心配かけたくなくてテヒには仲直りできたと嘘をつきます。

テヒの上司がひき逃げ事件で亡くなった被害者がテヒの実の父親と聞いてあせります。

テヒは事件の担当刑事だった人がわかって、その人が今やっているお店に行きます。でもちょうど休みの日で会えませんでした。

ジャウンがテヒと一緒に昼食を食べていると、テヒに「私たちのこと公表しましょうか?」と提案します。

テヒは公表すると、ジャウンはまだ若いのに「すぐに結婚しろ」と言われるからしばらく黙っていようと思っていました。

でもジャウンが早く結婚したがっているのがわかって「来年結婚しようか」と言って、ジャウンも承諾します。

なんかプロポーズなのにご飯食べながらでがっかりです。

テボムは家を出るとき、スヨンにもう一度別れたいのか確認しますがスヨンの気持ちは変わりません。

でもテボムが出て行った後、テボムの部屋のカレンダーに健診の日が目立つように書いてあったり、赤ちゃんの靴やメッセージがあったのを見てスヨンは複雑な思いです。

出て行く前に見ればよかったのに・・・

テヒは家族に彼女がいることは話しましたが、ジャウンだということはまだ言いませんでした。

チャンシクがひき逃げ事件の担当刑事からテヒへの電話にちょうど出てしまい、会いに行きます。

それで、ひき逃げの犯人がペク・イノだと聞きます。

ペク・イノってジャウンの父親?また結婚に障害ができちゃったね。

|
|

« 「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち 」第41話 | トップページ | 昔の写真のデータ化 »

烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち 」第41話 | トップページ | 昔の写真のデータ化 »