« 「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち 」第49話 | トップページ | 近況 »

「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち 」第50話

イノがチャンシクに責められているのを聞いてしまったジャウンはイノにチャンフンをひき逃げしたのか確かめます。

イノは記憶がないので「そうだって。」と聞いた話として認めます。

チャンシクはイノに「二度と来るな」と言って追い出します。

祖母はしつこくイノについて聞くのでチャンシクはしかたなくイノがチャンフンをひき逃げしたことを話しました。すると祖母は倒れてしまい病院に運ばれます。

ジャウンとイノもその話を聞いて病院に行きますが中に入れず、外で祖母の意識が戻るのを待つつもりです。

テヒが心配してジェハに連れて帰ってもらおうとしても帰らず、ジャウンは一晩中外で待っていました。

次の朝、祖母の意識が戻り、家に帰れることになりました。

テシクがミスクのいる食堂をやめると聞いてミスクは怒りますが、テシクは病院に就職が決まったので食堂の仕事をやめることにしたのでした。

そしてやっとミスクにプロポーズができ、ミスクも承諾します。

祖母が家に帰り、イノを呼び出します。

イノにひき逃げのことを確かめるとイノは「事故を起こしたことも知りませんでした。殺してください」と謝ります。

祖母は怒ってイノを叩くと、また倒れてしまいます。

チャンシクはジャウンの荷物をジャウンに届け、農場を出ると言います。

ジャウンはテヒと別れることを了承し、自分を傷つけないようにイノがひき逃げ犯だということを黙っていてくれたことに感謝します。

ジャウンは帰ってからテヒに電話し、別れるために最後に会う約束をします。

またまた切なくなってきました。

早くテヒが真相を突き止めてほしいです。

|
|

« 「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち 」第49話 | トップページ | 近況 »

烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち 」第49話 | トップページ | 近況 »