« 先週の週末 | トップページ | 「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち 」第55話 »

「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち 」第54話

マンシクは運転していたのはイノに間違いないが、白い服を着ていたかは記憶にないとテヒに言います。

でも受け答えが不自然で、あわてているようでした。

テヒが帰ると違う部屋から署長が出てきて、「よくやった。これからも口をつぐんでいろ。」と言います。

テボムとテシクはテピルがヨウルと付き合うのを反対します。

テボムが「ヨウルの家柄や財産が目当てじゃないか」と言ったので、テピルは怒ります。

スヨンは独立する決心をしたのでテボムは喜びます。

ヨギョンは乳がんの疑いがあると言われ不安になっています。

ジャウンはソウルを離れてジェハが紹介した施設で働くことにします。

ジャウンはテヒの父の位牌があるところへお参りに行きました。ちょうど祖母もお参りに来ていてジャウンを見ますが、声はかけられませんでした。

テヒがイノに白い服を着ていたか確かめに行きますが、イノには記憶がなく、登山の団体写真があればわかると言います。

それでテヒは後輩と写真を探すことにしました。

イノが農場に行ってチャンシクに「農場をもらってくれ」と頼みます。

そして、「ジャウンに罪はない。俺が罪を償うから刑務所にいれてくれ」と言いました。

それを祖母が聞いていて、ジャウンを許すかどうか心が揺れていました。

グクスが元気がないのでテピルはグクスをスキー場へつれていきました。

そしてテヒもお母さんがいなくて養子になったことを話したり、お母さんが韓国でテシクと一緒に暮らしてほしいと願っていることも思い出させます。

ヨウルはやっとテピルをヨギョンに紹介する決心をしたのでテピルも喜びます。

テヒはひき逃げの捜査が終わったら留学すると祖母に伝えます。

テヒがジャウンのことを忘れられないのを知って祖母はボクチャにジャウンを連れてきてと頼みます。

ひき逃げ事件の当時、マンシクの母が腎臓病で手術をしていましたが、署長が運転していたのを隠すことで大金をもらい、母に手術を受けさせたのではないかと考えます。

その頃、イノの引越し前の荷物が戻って来て、その中登山の時の団体写真が見つかります。

その写真ではイノは白い服ではなく、署長が白い服を着て写っていました。

これで署長が犯人だと証明されるのかな?、マンシクももうすぐ事実を話しそうな感じだし。

祖母もジャウンのことを許してくれたみたいだから、次回にはテヒとジャウンはまた付き合うことができるかな。

|
|

« 先週の週末 | トップページ | 「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち 」第55話 »

烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先週の週末 | トップページ | 「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち 」第55話 »