« バーベキューと本の感想 | トップページ | 「棚ぼたのあなた」第2話 »

「棚ぼたのあなた」第1話

Tanabota_2

「烏鵲橋の兄弟たち」の後に始まりました。韓国では上半期の視聴率トップだったようで引き続きあらすじを書こうと思います。

チャ・ユニ(キム・ナムジュ)は姑や小姑と付き合うのが嫌で、家族のいない優秀な医者パン・グィナム(ユ・ジュンサン)を探し当てて結婚しました。

またユニはドラマのプロデューサーで、監督、脚本家、出演者の板ばさみになりながら忙しく仕事をこなしていました。

グィナムは5歳のころアメリカに養子に出されて、アメリカで有名医大を卒業して韓国で医者をしています。幼い頃の両親の記憶もなく、本名も知らないのでテリー・カンとして生活しています。

アパートの大家で、夫のチャンスと一緒にパン屋も営んでいるチョンエは幼い頃生き別れになったグィナムとどこかで出会えることを願っていました。

ユニは住んでいる家の家賃が上がり、お金が用意できなくて出て行かなくてはいけなくなりました。

母のマンヒに預けていたお金を兄のセジュンが投資に使ってしまってなくなってしまったからです。

チョンエの2女のイスクの誕生日に初めて家族でお祝いをしました。

イスクが生まれた日がグィナムのいなくなった日で、グィナムの祖母(カン・プジャ)がお祝いするのを拒んでいたからです。

この日はちょうど祖母が療養に出かけていて留守だったので、嫁に行った長女のイルスクとチャンスの弟のジョンベ夫婦も来て誕生日のお祝いをしていましたが、祖母が予定を変更して帰ってきてしまいました。

祖母がグィナムのいなくなった日にお祝いしているみんなを責めます。

叱られたチョンエはイスクに誕生日を祝ってやれないのを悲しみ、イスクに早く結婚して家を出るように言います。

ユニとテリー(グィナム)は新しい家を探していました。不動産屋に勤めているジョンベが二人の担当になり、チャンスのアパートに連れて行って2人に部屋を勧めます。

テリーはジョンベから話を聞いて乗り気になりますが、古いのでユニは気が進みません。

アパートを出ると二人はチョンエに会いました。チョンエはユニと少し話しますが、気に入らないようです。グィナムとも生き別れ後 初めて顔を合わせます。

ホームドラマなので登場人物が多く、特に怖いおばさんが束になって出てくるのでびっくりしました。

キム・ナムジュは「僕の妻はスーパーウーマン」や「逆転の女王」と同じような役だけど、また面白そうです。

|
|

« バーベキューと本の感想 | トップページ | 「棚ぼたのあなた」第2話 »

棚ぼたのあなた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バーベキューと本の感想 | トップページ | 「棚ぼたのあなた」第2話 »