« 「棚ぼたのあなた」第7話 | トップページ | 夏休みが始まって・・・ »

「棚ぼたのあなた」第8話

テリーは偽グィナムを警察に連れて行きました。

チャンスも来て、テリーも両親を捜していると聞きます。

ユニの母はユニがアメリカに留学することを反対しますが、テリーが「一緒に住みませんか?」と言ったので喜びます。

テリーはアメリカの家を探し、ユニはチョンエに引越しをする話をすることにしました。

イルスクがナムグの実家に行くと、義母はいなくて近くの豪邸に引っ越していました。

義母は「嫁に建ててもらった」と近所の人に言っていましたが、たぶんナムグの浮気相手にたててもらったのでしょう。

イルスクが、自分の味方をしてもらおうと思って訪ねても「合わせる顔がない。」と言って会ってくれませんでした。

ユニがチョンエに引っ越すことを話しに行くと、チョンエは怒ってしまいます。

それでユニが新しい住人を捜すことにしました。

でも条件が悪いし、ジョンベも邪魔してくるのでなかなか見つかりません。

イルスクはナムグに会って、家族に内緒にするという条件で離婚を承諾します。

ジェヨンが海外出張から帰ってきました。ユニの手がけるドラマに出資したので父である会長が怒っているみたいです。

ジェヨンは父に会わずにイスクのところに行き、車の修理代をもらおうとしますが、イスクは借金取りと戦っていました。

ジェヨンはあきれながらも助けようとしてくれ、ボコボコされてしまいます。

ユニは有能なジョンベの同僚に住居者を見つけてくれるように頼んだので、すぐに見つかったようです。

落ちぶれた歌手ユンビンはチョンエのアパートの屋根裏部屋に引っ越してきました。ピアノが家に入らないので外に置くことにしました。ありえません。

チョンエの家に来ていたイルスクの娘ミンジが勝手にピアノを弾いたのでユンビンが怒ります。

アメリカの養父からテリーの出生の手がかりになるものが送られてきました。

ちょうどテリーが留守でチャンスの経営するパン屋に届きました。チョンエはマルスクから「服が届いた」と聞いて開けてしまいますが、中から失踪時にグィナムが着ていた赤いセーターなどが入っていました。

なかなか親子であることがわからなくてイライラしてきたけど、もうすぐわかりそうです。

|
|

« 「棚ぼたのあなた」第7話 | トップページ | 夏休みが始まって・・・ »

棚ぼたのあなた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「棚ぼたのあなた」第7話 | トップページ | 夏休みが始まって・・・ »