「マイガール」再視聴

まだ、『マイガール』を早送りしながら何回も見ていて、次のドラマに進めません。

いつもは次から次へドラマを見てしまい、見直すことはあまりないんだけど。

1・2話は1ヶ月以上前に見たのに、面白いけどバタバタしていて、次を見たいとあまり思いませんでした。イ・ドンウクもそんなにかっこいいと思わなかったし・・・

でも、今見ると、最初からかっこよく見えます。

ダヘちゃんもすごく面白くて、こんな女の子と一緒にいたらほんと楽しいだろうなあと思います。最後の方でゴンチャンを元気づけるために歌ったところがすごくかわいかったし・・・

動画もいろいろ探しました。

上は面白くて笑える場面を集めたもので、

下は私の1番好きな曲をバックに名場面を集めたものです。

こんなことばかりやっていて・・・また、ちょっと病気のようになってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

「マイガール」15・最終話

15話

Cap028 ゴンチャンはユリンのことが忘れられず、雪が降るたびに雪のドームを買っていました。そして、家族が勧めるお見合いをいつもすっぽかしていたようです。

会長は本当の孫娘に会いにいっていますが、ゴンチャンに知らせると、ゴンチャンが会長から離れてユリンのもとに行ってしまうと思って知らせていません。

セヒョンが2年ぶりに?帰国し、ゴンチャンに会います。まだ、未練があるようです。

ゴンチャンは仕事でしばらく日本に行くことにし、空港へ行きます。

ユリンも旅行会社に勤めていて、お客さんと一緒に空港に来ていました。

見送りに来たジョンウもまだユリンに未練があって、「俺が先に見つけたら、ゴンチャンに知らせないで自分のものにする」みたいなことを言っています。

ジョンウが先に見つけそうになりますが、ゴンチャンが飛行機で成田に着いた時、お客の持っていたユリンの名刺を見つけて引き返します。

そして、キム・チョルスという偽名を使ってユリンがガイドをするツアーに申し込みます。

そこで、とうとう2人は再会しますが、ユリンはゴンチャンに冷たくします。

会長との約束を守ろうとしているのです。

ゴンチャンは持っていたカードも折り、携帯も電池切れということで、強引にユリンの車に乗せてもらいます。

Cap029_2 一緒に食事をしたあと、ゴンチャンが「消化不良になった。」というと、ゴンチャンの嫌いな針治療に連れて行って、その間に逃げたりします。

ゴンチャンはユリンにおいていかれますが、しつこく、ユリンがガイドのツアーに合流します。

夜、旅行客たちと飲んでいる時、ユリンに「俺の気持ちを伝えるチャンスもくれない」と言いますが、ユリンは「言うことはないし聞きたくない。」と話そうとしません。

Cap031 そこで、ゴンチャンは、カラオケの歌で「ずっとお前を愛している・・・・」と歌い、気持ちを伝えます。上手とは言えないけど、気持ちがわかるから、ジーンときました。

ゴンチャンが「お前が逃げたんだから、お前を放さないという約束は有効だ。」と話しているところをジョンウが見て、あきらめます。

でも、ユリンは「あなたへの愛は終わっている。だから、戻ってこないで。」とゴンチャンを拒絶します。

Cap032 家に帰ったゴンチャンは、ゴンチャンのいない隙に招待した本当の従妹と会います。

そして、また、ユリンの家に行き、「終わったなんて嘘をつくな。」と言います。

最終話

ゴンチャンはユリンに高い指輪を買って、「もう逃げられない。」と言い、教会に連れて行きます。

そこで、「本当の従妹が見つかった。お前だけを見つめて生きていける。だから俺だけを見て、俺についてきてくれるか?」と言います。・・・ここもすごくよかった~

ゴンチャンは「ユリンと一緒に日本に行きます。」と会長に言いますが、会長は「お前は私の孫ではない。縁を切る。」と言います。

ユリンは会長に呼ばれ、「老人と孫を引き裂くつもりか?お前を許せない。」と言われます。

ユリンの父はまたなぜかセヒョンのところへ行き、ユリンの職を探してもらおうとします。

そこでセヒョンはユリンの父だということを知り、ユリンに「どれが本当でどれが嘘かをはっきりして。」と言います。

Cap034 会長たちやゴンチャンの前で、ユリンは「会長の孫娘が生きていることを、前から知っていた。本当の孫を知らせたら、追い出されると思い、隠していたが、ゴンチャンから告白されたので、計画を変えた。ゴンチャンと許されると思い、本当の孫をセヒョンに知らせた。」

というよう嘘をつきます。ゴンチャンに嫌われようとして・・・

雪が降った日、ゴンチャンはユリンに会いに行きます。

「俺は信じない。本当でもかまわない。・・・」と言いますが、ユリンは「死ぬまで会うのはやめましょう。」と言います。

ユリンが家に帰ると、ゴンチャンが届けた雪のドームがたくさんありました。

ゴンチャンは信じていませんでしたが、これ以上言っても、ユリンを苦しめるだけだと思い、日本に行くことにします。

会長とユリンが会い、会長は「みんながわしのところに来たが、誰もユリンの嘘を信じなかった。嘘をついたことで本当の気持ちを表した。」と言います。そして、ゴンチャンとのことを許してくれます。

ゴンチャンは空港ではなく64ビルの展望台に行っていました。

最後まですれ違いになりそうでドキドキしたけど、エレベーターで降りようとするゴンチャンの前にユリンが現われます。

Cap035 ゴンチャン「なぜ、ここにいるんだ。」

ユリン「嘘をつけないから。」

ゴンチャン「暴露しちゃだめじゃないか。」

ユリン「これからは嘘をつくのはやめるわ。・・・愛しています。」

と言ってエレベーターの中でキスをします。

よかった~~~!最高!!!

13話と最終話のキスシーンを載せちゃいます。

おまけ

会長が孫娘をみんなに紹介しますが、なんとあの人だったのです。

秘密にしちゃいます。

こんなオチがあったとは・・・面白かった~

ほんとにこのドラマ、最高でした。ワクワクで胸いっぱいになった約1週間でした。しばらく余韻にひたりそう。また観たいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

「マイガール」13・14話

13話

創立パーティーの会場から2人は逃げ出します。

そして、車の中で会長に「緊急事態が発生して、僕がユリンを連れ出しました。」と電話します。

ユリンはお得意の嘘で「パパがソウルに来て、みんなに紹介すると聞き、がっかりしてしまった。」と言います。

車の中で2人がお互いの気持ちを確認しているところもよかったです。

ジョンウが母に「アメリカに自分を磨きに行く。ユリンも連れて行くつもり。」と言い、母はユリンとのことを許すことにします。

Cap016 ゴンチャンはチェジュ島への出張をやめ、家に帰ります。

ユリンに「どんなに状況が厳しくなろうと、俺はお前を離さないからな。」というのがかっこよかった~。

セヒョンがゴンチャンと別れたという記者会見をしたので、ゴンチャンは会長に怒られます。

そして、ユリンの父の承諾を取って、戸籍に入れると言うと、ゴンチャンが反対したので、会長はゴンチャンが遺産を独り占めしようとしていると思い、「出て行け。」と言います。

ユリンの父が日本に行き、会長の孫娘を探したら、大金がもらえると聞き、喜んで探しに行きます。

ジョンウがユリンに「一緒にニューヨークに行こう。」と言いますが、もちろんユリンは断ります。でも、ジョンウは行かなければ会長に嘘をばらすと脅迫します。・・・ジョンウはそんな人だったの?

ゴンチャンは本物の従妹が生きていると聞き、秘書と日本の病院まで調べに行き、「連れてきた人が連れて行ったのでは。」と聞きます。

でも、ユリンの父はもう、従妹のことを調べて、ゴンチャンに届けようとしていました。

でも、そこでセヒョンに会ってしまい、セヒョンに本物の従妹の写真と書類を渡してしまいます。・・・お父さん、しっかりしてよ!なんで、セヒョンなんかに渡しちゃうの?

ユリンは会長に嘘がばれるのは困るので、ジョンウに「ニューヨークに一緒に行くけど、そばにはいない。」と言います。

ユリンは自分でゴンチャンにそのことを言おうとしましたが、ジョンウに「私には言えそうにない。代わりに言って。」と泣くので、ジョンウは「幸せにな。」と言って、身を引くことにしました。・・・えらい!よく言った!

ユリンが「嘘をつくのはやめましょう。」と言うと、ゴンチャンも「本当の従妹は生きているんだ。もう嘘をつくのはやめられる。」と言い、

その後、外に出て、キスをします。いいね~ ここで終わりでもいい!・・・よくないか・・・

14話

セヒョンが従妹の写真を持っていますが、「私が持っている限りあの二人は一緒になれない。」と思い、しまい込みます。

セヒョンはユリンの父にお金を渡し、誰にも言わないように頼みます。

本物の従妹が現われるまで、ユリンはチェジュ島で待つことにします。

Cap019 ジンシム・ジンギョのきょうだいがゴンチャンとユリンのことで妄想するのが韓国ドラマを皮肉っていて面白いです。

ジンギョがユン秘書とエレベーターの中で、ユリンたちがチェジュ島へ行く話しをしていると、なんとそこにはセヒョンがいたのでした。

いつもセヒョンて、こういう話を聞いているんだから・・・

その後、セヒョンはゴンチャンとユリンが仲良く歩いているところも見てしまい、怒って、従妹の写真を会長に見せてしまいます。

そして、あの2人を一緒にしないでくださいと頼みます。

ユリンはゴンチャンからもらった雪のドームを割ってしまい、悪い予感がします。

ゴンチャンがユリンと飲んでいて、さりげなくプロポーズみたいに言うんだけど、ユリンは前に言われたことを思いだし、「32歳になったら考える。」とふざけて言います。

Cap024 帰りの車の中でユリンがジョンウにもたれて眠っていたことを思い出し、「消したい思い出があるんだ。」と言って、ユリンを肩にもたれさせるところもよかったなあ。

会長が本物の孫娘に会いに行きますが、「娘に似てない。」と言って、あまり喜んでいないみたいです。

Cap026 しかし、本物を確認できたので、ユリンに話します。「ゴンチャンとは一緒になれんのだ。2度と顔をだすな」と言われて、ユリンは、ただ、ただ、謝ります。

セヒョンがゴンチャンに「愛しているから別れる。」と言ってイギリスに行きます。

ジョンウは、「何が起きても、ユリンの手を離しちゃダメ。」と言ってあげます。

Cap027 ユリンは、ゴンチャンに空港まで送ってもらうのを許してもらいますが、泣くのを我慢しているのが、かわいそうでした。

ゴンチャンはユン理事からユリンはどこか遠いところへ行ったことを知らされ、家に帰ると、会長から「探すな。見つけることはできないだろう。」と言われます。そして会長はまた体調を崩します。

そして、2年後

おばさんに赤ちゃんが生まれたみたいです。

ジョンウは、理事になっているし、セヒョンも帰国し、ユリンもソウルでガイドをしているみたいです。

今日は泣けました。あと2話・・・早く先が知りたいけど、終わるのも寂しい気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「マイガール」11・12話

このドラマ、すごくよくて、まだ途中ですが、今年見たドラマの中では「星を射る」を抜いて1番好きになりました。

このごろずっと、ほかのことをやっていても、マイガールの音楽が頭の中を流れています。重症だ~。

11話

ユリンが「私と一生従妹として生きていける?」と言うと、ゴンチャンは「ああ、そうすればみんな幸せになれる。」と言うので、ユリンは「考えさせて」と言います。

ユリンは怒って、ゴンチャンに「執行理事にさせて。・・・でも働かない。」と言ってしまいますが、ゴンチャンもわざと言っているとわかっているようです。

ゴンチャンは、ジョンウがユリンを好きなことを知っているので、スカッシュで勝負して「負けたら言うことをきく。」と、もちかけます。

スカッシュは2人とも様になっています。運動の演技って運動のセンスがわかりますよね。走る姿でもかっこいい人とそうでない人がいるもん。

ゴンチャンは勝負に勝ち、「ユリンがお前を受け入れないなら、それを受け入れろ。」と言います。

Cap028 ジョンウが「勝ったらユリンと結婚させてください。」と言って、会長と碁の勝負をします。ゴンチャンが会長の味方をするところが面白い。

ジョンウの母はユリンが気に入らないみたいで、ユリンに「ジョンウと会わないで」と釘を刺しますが、ゴンチャンが助けてくれます。

そして、後でジョンウに「まず、お前のお母さんを説得しろ。・・・ユリンを傷つけるな。」と言います。

会長も叔母もジョンウとユリンをくっつけようとしていて、ジョンウの母を説得しようとしますが、なかなかできません。

ジョンウは母に指輪を買って、説得しようとしますが、そこへ、叔母とジャンさんの指輪を取りに来たゴンチャンとユリンを見てしまいます。

2人が仲良くしているのをみて嫉妬し、セヒョンも入れた4人で食事をすることにします。

Cap029 4人の雰囲気は最悪。ユリンはすぐに帰ってしまい、追いかけたジョンウは「僕のところに来てくれるか?」と聞きますが、怒っているユリンは「できない」と答えます。

でも、やっと「僕の愛は本物だから・・・」と言い、ユリンも本気だと気づいたみたい。

残ったゴンチャンは、セヒョンに「お前を愛せない。・・・ごめん。」と言うのでした。

Cap030_2 ユリンはジョンウから「本物の従妹は死んだ」と聞き、ゴンチャンに出て行くと告げますが、ゴンチャンは怒って、「そうすればいい!俺も従妹というのが苦痛なんだ。」というようなことを言います。

会長はジャン夫人にジョンウとユリンの結婚を断られて、調子が悪くなります。そして、ゴンチャンに「(ユリンがうまくいかないのは)わしのせいじゃ。」と自分を責めます。

それで、ジョンウは母を怒ります。

Cap032 Cap031_2

ユリンはつらくなって64ビルの上に上ります。ゴンチャンもユリンの言葉を思い出し、64ビルの上に向かいます。エレベーターの中で、ユリンから電話がかかってきて、話している2人が切ないです。

でも、2人はすれ違って会えません。期待したのになあ。

12話

結局、64ビルの上で2人は会えませんでした。

帰ってから、ユリンはなぜかゴンチャンを意識しちゃって、かわいいです。

Cap034 次の日もゴンチャンのネクタイが曲がっていたので、結びなおしてあげるとき照れてしまって、首を絞めちゃうところも面白かった。

ゴンチャンはジョンウにユリンが前言っていた嘘話をして、「(「5秒数えて現われた人が好きになる。」という言葉のせいで)狂いそうだ。」と言います。

Maigaru10 おばさんがジョンさんにケーキを作りましたが、それをユリンが食べちゃって、作ることになります。でも、ユリンは作れなくてゴンチャンがほとんど作ってあげます。

ここもよかったな。ゴンチャンはユリンに「ユリンは、今は一生懸命働いて、32歳くらいで結婚して・・・」なんて言うんだよね。

ジンギョがユン秘書からもらったみかんを大切にしていたのに、椅子の上に置いておいたら、人が座ってつぶされちゃうところも、関係ないけど笑えました。

ジョンウがレストランを貸しきって、ユリンにプロポーズすることを知り、ゴンチャンは落ち着きません。

おまけに、会長にユリンを連れ出してジョンウのところに連れて行く役を頼まれてしまいます。

Cap039 ジョンウにプロポーズされたユリンは「あなたのそばにいたら、ゴンチャンと毎日顔を合わせないといけない。」と言い、断って帰ります。

ユリンから、「ジョンウさんと一緒になれないわけは、ジョンウさんが私たちが偽りの従妹と知っているから。」と言われたゴンチャンはジョンウに「なぜ知っていることを言わなかった?」と言います。

そして、「知らないふりをしてくれ。」と頼みますが、ジョンウは「お前がユリンを愛していることか?お前は愛する資格がない。」と言います。

それをセヒョンが聞いてしまいました。

ゴンチャンは、チェジュ島に行ってしばらく働くことにします。

ジョンウはユリンと偶然会ったとき、ゴンチャンが「5秒数えて会った人を好きになるという話を聞いて、気が狂いそうになる」と言っていた話をします。

それで、ユリンはゴンチャンの気持ちがわかってしまいます。

ゴンチャンが「本当の従妹は存在しない。・・・ごめん。」と謝りますが、ユリンは「知ってて同意したの。」と言います。

お互い、一生従妹の関係になるとわかっているのに、会長のために嘘をつき続けようとするんだよね。

ユリンが、「でも、雪が降っている間は、従妹としてではなく、ジュ・ユリンとして私を想ってくれませんか。」というところが切ないです。

ゴンチャンがチェジュ島へ出発しようとしますが、雪のため飛行機が出るのが遅れます。

Cap041 ユリンを従妹として従業員に紹介することになっていた創立パーティーが始まろうとしていましたが、ゴンチャンが駆けつけ、ユリンに「もう、嘘はつけない。」と言って抱きしめます。・・・よかった~

その2人をセヒョンとジョンウが見てしまいます。

ゴンチャンて保坂尚輝(だったかな?)という人に似ている気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「マイガール」9・10話

9話

ゴンチャンとユリンが遊園地から帰る車の中で、ゴンチャンが「お前の嘘に騙されたことはない。」と言うんだけど、ユリンがイモをのどにつまらせたふりをすると、すぐ騙されちゃうんだよね。・・・笑えます

ジョンウとユリンが食事をしているとき、ユリンは「(ゴンチャンを)好きでも、好きじゃないと言えば大丈夫」と言います。

ジョンウは「(いつもユリンを口説いているのは、)まじめなのか、からかっているのかわからないのか?」と言うんだけど、結局「本当に好きだ。」と言えないで、ユリンはジョンウの気持ちに気づいていないんだよね。

会長が検診結果がよかったので、「すぐに日本に行こう」と言い出して、ユリンは大慌て。やめさせようと、いろいろ言うんだけどダメで、とうとう階段からわざと落ちてしまいます。

ユリンが怪我をして、日本行きはやめになりますが、ゴンチャンはユリンのことを心配して怒ります。

Cap012 ユリンにおすしを届けて、付き添うゴンチャンをジョンウが見て、ゴンチャンもユリンのことが好きだと気づきます。

ユリンが回復し、ひょんなことから、ゴンチャンとユリンは済州島の別荘に行くことになります。ユリンはすごく楽しみにして、空港で待っていたんだけど、ゴンチャンがセヒョンといるところに記者が来て、インタビューを受けることになり、済州島にいけなくなります。

Cap014 がっかりしたユリンは1人で帰り、お酒を飲みに行きます。ジンギョがゴンチャンに知らせたので、ゴンチャンが迎えに行くと、ユリンは物に当たり散らしていて、ゴンチャンを殴ろうとした弾みでキスをしてしまいます。

10話

ユリンは恥ずかしくて寝たふりをし、ゴンチャンはしかたなく連れて帰ります。

そして、「済州島に行けなくなってごめん。・・・・(キスしたことは)わざとじゃないから気にするな」みたいなことを言います。

そして、風邪気味なユリンにゴンチャンは玉子酒を作ってあげます。・・・あの冷たいゴンチャンが優しいんだよね。

ユリンはジョンウと食事をした帰り、テレビでゴンチャンとセヒョンの交際の話が映っているのを見てしまい、ジョンウは優しく耳をあたためてあげます。

ジョンウも負けずに優しいよね。

会長がゴンチャンに、創立パーティーで従業員にユリンを紹介すると言います。

ゴンチャンはパーティーの前に、ユリンを帰さなくてはと思い、ユン秘書に日本の家を用意させます。

セヒョンはユリンの父がギャンブル好きで、放浪していたと知り、ゴンチャンに言いますが、「今はいい子じゃないか。ユリンを悪く言うのは許さない。・・・家族には内緒にしてくれ。」と言います。

Photo ゴンチャンがユリンに出て行ってと言おうとすると、ユリンは「今までたくさんの別れをしたけど、今回は離れるのが難しくなりそう・・・」と言うので、言えなくなってしまいます。

ユリンは「これを握って嘘を言うと、ばれない。」と言って、メダルをあげます。

セヒョンはゴンチャンの家に行くと、家族に冷たくされたので、ユリンの父のことを話してしまいます。

でも、逆効果で、会長は「ユリンを戻さないことに決めた。」と言います。

Photo_2 ユリンはジョンウとサウナへ行き、「出て行く前にゴンチャンに好きだと言おうかな。」と言います。

それで、ジョンウはゴンチャンのところへ行き、「俺は本当にユリンのことが好き。元の場所に戻したくない。」と言います。

ゴンチャンはユン秘書から本当の従妹はもう亡くなっていると聞き、ユリンが好きな会長のことを思い、ユリンをこのまま家にいさせようと考えます。

ユリンを眺めているゴンチャンが切ないです。従妹のままだったら、好きになれないよね。

そして、ついに、ゴンチャンはユリンに例のメダルを握って、「一生従妹として俺のそばに居てくれるか?」と聞きます。

この頃ずっと切なくて、いいなあ、このドラマ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

「マイガール」7・8話

7話

Maigaru2 港に来て、父を見つけようとしますが見つからず、追いかけてきたゴンチャンを見つけます。

「いっぱいボートがあって見つけられない。」と言って泣くと、ゴンチャンは抱きしめてあげます。

やっとこういう場面が見れてうれしいです。

その後、ユリンは1人で飲んでいると、ジョンウが来て、「そんなにゴンチャンが好きか?」と言うと、

「大好きだから、従妹のふりはできない。・・・好きなっちゃってごめんなさい。」と言います。

ジョンウがかわいそうでした。

その時、ゴンチャンから電話がかかってきて、普通だったら出ちゃって、主役が嫉妬する・・・みたいになるのに、飲み屋のおばさんに「迎えに来る人からの電話です。」と言って、場所を教えるように言うなんて、ここのジョンウはよかったよ。

ゴンチャンが迎えに来て、お金を払う間にユリンはいなくなります。

教会の外に飾ってあるツリーのてっぺんの星を取ろうとしていて、取った拍子に?ゴンチャンの腕の中に落ちます。

ゴンチャンはユリンを送りますが、ジンシムがいなくてジンギョと2人になると聞いて、美容院の椅子に寝るところが良かった。

ジンギョはゴンチャンの秘書を見て一目ぼれをします。

ゴンチャンが美容室の椅子で一晩寝たので風邪をひき、ユリンは玉子酒を作ってあげます。

そして、風邪が治ったら出て行こうと決めます。

ゴンチャンは雪が降ったらユリンにあげようと思っていたプレゼントを早く渡したくてしかたがありません。

秘書に「いつ雪が降るか調べろ。」なんて言ってかわいいです。

ゴンチャンとユリンが食事をしたとき、けんかになって、ユリンが携帯にいたずらして、着信音を鶏の鳴き声にしたり、待ちうけをユリンの写真にしたりして、会議中に着信音を鳴らしたりして面白かったです。

ユリンが出て行くと言おうとして、ゴンチャンと食事に行きますが、そのときに雪が降ったのでゴンチャンはやっとプレゼントを渡せました。

ユリンもやっと「出て行きます。もう嘘はつけません。」と言いますが、ゴンチャンは「3ヶ月働いたら別荘をやるから、考え直せ。」と言ったので、保留になりました。

セヒョンはスキャンダル写真を取られそうになり、ゴンチャンに「もう公表しよう。」と言いますが、ゴンチャンは断ります。

セヒョンは「ユリンがいるから公表できない。」と思い込み、ユリンに「いつ出て行くのか」と聞きます。

ユリンがもうすぐ出て行くとセヒョンから聞いたゴンチャンは、ユリンと約束しているのに、「出て行く」と聞きたくなくて、遅れてしまいます。

会いに行って、エレベーターを待つ間、ユリンの写真を見ながら、行かせようか、やめさせようか迷っていましたが、「僕は行かせたくない。」と思っているくせに、ユリンと会うと、「出て行けよ。行かせてやる。」と言ってしまうのでした。

8話

このドラマ、笑えるし、切ないし、音楽もいいし、すごくいいです。

会長に仕えているジャンさんと、ゴンチャンのおばさんが、お互いに好きなのに、誤解して出て行ったり戻ったり、・・・そして、誤解が解けるとすぐ、結婚することになり、

ユリンは会長に「出て行く。」となかなか言い出せません。

ドラマにはサイドストーリーも必要だけど、ジャンさんたちふたりの場面はなんか大げさで、ちょと苦手です。

Photo セヒョンに「ユリンのために交際を公表できない。」と言われて、ゴンチャンは「そんなに心配なら公表しよう。」と言いますが、また、「心配なのはあなたの気持ち」と言われ、「努力してるよ。これからも努力する。」と言って、二人は抱き合います。

その場面をユリンは見てしまし、ショックを受けます。

でも、ジンシムから、「家にいればみんなが幸せなのに、どうしてゴンチャンのために出て行くの?」みたいな事を言われたこともあって、ゴンチャンのことは忘れて、仕事に専念することにします。

ジンギョは秘書によく会いに行っていて、自分の名刺がほしくてモデルになり、秘書に渡します。

この2人は似合わないけど、どうなるのか気になります。

会長が、ユリンがずっとそばにいるように、ジョンウとユリンをくっつけようとします。

Maigaru7 ゴンチャンはちょっと心配でジョンウに「お前の理想は高いよな。・・・信じている。」と言ったりして面白いです。

会長は、劇のチケットを「ゴンチャンと行きなさい。」とユリンにあげ、ゴンチャンには「ジョンウに渡せ。」と言います。

Maigaru6 でも、ユリンはチケットをセヒョンに渡してしまい、劇にはジョンウとセヒョンが行きました。

行くところがなくなったゴンチャンとユリンは、劇が終わるまで遊園地で暇つぶしをします。

ユリンは、お得意の嘘話?を連発し、「目をつぶって、5秒数え、現われた人が好きになる。」と言い、ゴンチャンがそのとおりやってみると、

そこにはユリンがいて、ときめいている自分がいて、

「ゴンチャン、おまえどうしちゃったんだ。」と独り言をいいます。

イ・ジュンギも普通の韓ドラと違って、しつこくないのはいいけど、なんか押しも足りなくて、もの足りないです。・・・でもかっこいいけどね。

でも、ユリンがゴンチャンを意識したころから、ずっとドキドキワクワクで、ほんとにいいです、このドラマ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

「マイガール」5・6話

5話

セヒョンは、ゴンチャンが来てくれたので、イギリスに行くのをやめます。

ジョンウはゴンチャンと飲んでいるとき、ユリンも誘います。

ゴンチャンはジョンウが遊び人なので、ちょっとユリンのことを心配していますが、セヒョンに呼び出され帰ってしまいます。

ジョンウと2人で食事をしていて、ユリンは「考えたくないことを思い出しちゃうときは、食べれば忘れる。」とやけになって食べています。

ジョンウは「考えたくないことって、男のこと?・・・俺のことならいつでも考えろよ。」と言いますが、ジョンウのことを遊び人だと思っているから、ユリンは反応がありません。

チェジュ島で一緒に働いていたジンギョがソウルへ出てきます。ジンギョはジンシムの弟だったんですね。

ジンギョはソウル駅で日本に行っているはずのユリンの父に会いますが、ユリンの新しい電話番号を教えても、会わないといいます。

Maigaru5 会長が「ユリンの父に会いたい。」と言い出して、ゴンチャンはユリンに電話をかけます。

ユリンはあわててジンギョに父親役を頼み、会長に断ってもらいます。

ユリンの誕生日に家族で夕食会を開き、みんな、プレゼントをあげますが、ゴンチャンだけ用意していませんでした。

ゴンチャンはセヒョンも招待していましたが、家族のみんなはセヒョンに冷たいです。

夕食会の後、セヒョンが誘ってゴンチャンと3人で遊びに行きますが、みんなに見つかって大騒ぎになります。

ユリンはセヒョンと服を交換して逃げます。そのとき転んで軽い怪我をします。ユリンはセヒョンを助けたのに、ゴンチャンは、なぜか「心配させるな」と言って怒ります。

ユリンは1人で帰ろうとすると、ジョンウが、スキー場から雪だるまを作って持って来てくれます。

こんなことされたら、感激して、ジョンウのほうに傾いちゃいそうなのに、

「他にもプレゼントがある。俺はお前のものだ。」なんてキザに言うと、ユリンは遊ばれていると思ったのか、怒って帰ってしまいます。

ゴンチャンは家に帰ってから、ユリンのひざの傷に薬を塗ってあげ、

「今日はありがとう。」と言い、雪の降った日が本当の誕生日と聞いて、「忘れないよ。」と優しく言います。

このドラマ音楽もいいよね。

Maigaru3 ゴンチャンの秘書はまだ、本物の従妹を探していますが、ジョンウはお見合いをさせられたとき、ユン秘書を見かけ、そのことを知ってしまいます。

セヒョンはユリンに祝賀会の招待状を渡しますが、パートナーがいなかったので、会長がジョンウに頼んで、2人は一緒に祝賀会に行きます。

祝賀会で仲良くしているゴンチャンとセヒョンを見て、ユリンは寂しい思いをします。

そして、「恋人たちの時間」のとき、2人がキスするところを見てしまいます。

6話

ジョンウがショックを受けているユリンに「好きなのはゴンチャンなのか?従妹じゃないだろ?でも傷つくだけだ。」と言います。

でも、ゴンチャンに「ユリンが気分悪そうだから面倒見てやれ。」と言います。

ゴンチャンはユリンのところへ行くと、雪が降ってきて、「誕生日おめでとう。ほしいものは何だ?」と言いますが、ユリンは「優しくしないで、好きになったらどうするんですか?」と言います。

ゴンチャンは「?」という顔をしていると、ユリンはうまくごまかします。

そこへセヒョンも来たので、ゴンチャンとセヒョンを帰らせ、ジョンウと食事をします。

ジョンウは「従妹でないと知っていることをゴンチャンに言うと、お前の気持ちも話してしまいそうだ。」と言い、ユリンがご飯粒を飛ばしながら必死に弁解しているのが面白かった。

それから、ユリンはゴンチャンを避けるようになります。

ゴンチャンはセヒョンとデートしていても、ユリンの言ったことが気になります。そして、ユリンに嫌がられていると勘違いして、ゴンチャンもユリンを避けるようになります。

セヒョンに恋人がいるという記事を見て、ジンシムたちが「結婚式には出られないね。」ということを話しています。

Maigaru4 ホテルに泊まっている日本の映画監督を殺人犯と間違えて、捕まえようといろいろ妄想しているところが面白かった。

でも、これは何の意味があったの?ただ避けている二人を引きあわせただけ?

ユリンは出て行ったほうがいいと思い、ゴンチャンに「いとこでいたくない。・・・お父さんと連絡がとれたから日本に行く。」と言います。

でも、ユリンの父は悪い人に言いがかりをつけられ、刑務所に入れられそうになります。

悪い人は「5千万ウォンで和解する」と言うので、ジョンウに頼みに行きますが冷たくされます。

ふつう2番手は、しつこくて無理に奪おうとするのに、ジョンウはあっさりしすぎ。ユリンがゴンチャンが好きだと知ってすぐあきらめちゃうんだもん。

しつこいのも嫌だけど、ここは優しくしてほしかったな。今までのジョンウと違うから、いつものユリンの妄想かと思ったよ。

しかたがなく、ユリンはみんなにもらったプレゼントを質屋に預けて和解金を出します。

雪が降ったので、ゴンチャンは誕生日プレゼントを買って、家の外で渡そうとします。

でも、ユリンがしたくをしている間に、ユリンのパパからの電話にでてしまい、「質屋からでた金をもってこい」というのを聞いてしまいます。

ゴンチャンは怒って、「それで距離を置きたかったのか?・・・もっと金がほしいのか?」と言い、ユリンは「ほしい」と言ってしまい、家を出ることにします。

しかし、ユリンの父はジンシムたちに責められ、出て行ってしまったので、港まで追いかけます。

秘書がユリンの父のことを調べていて、和解金が必要だったことをゴンチャンに教えたので、誤解がとけ、ユリンを追いかけます。

早く誤解が解けてよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「マイガール」3・4話

3話

メチャメチャおもしろい!

イ・ダヘは常に面白いし、イ・ドンウクは、かっこいいときと崩れたときのギャップが大きくて笑えます。

ゴンチャンはユリンに「従妹になってくれ。借金も払う。・・・君が必要なんだ。」と頼みます。

最初は断りましたが、ヤクザが家まで追いかけてきたので、引き受けることにします。

ユリンはジョンウと母が一緒の時に会いますが、「ジャン夫人」なんて呼んでいるので、ジョンウをホストと間違えてしまいます。

でも、すぐに誤解は解け、レストランの賞品の携帯が当たったふりをして、ユリンに携帯をプレゼントします。

会長(ゴンチャンの祖父)がついに危篤状態になり、ユリンはゴンチャンに呼ばれて、演技をします。

この後、会長が目を閉じたので、亡くなったと勘違いしてゴンチャンが泣き崩れ、ユリンに言われてまちがいと気づくところが面白かった。

夜中会長に付き添い、朝、歯磨きをしているとき、ジョンウ、ジャン夫人、ゴンチャンの叔母、謎の会長に仕える人がお見舞いにやってきます。

ユリンは逃げようとするのですが、会長が「孫娘よ~」と呼び、意識が戻ったので、みんなにも「孫娘」と嘘をついてしまいます。

会長は孫娘と会えたので、生きる意志がわき、回復してきます。

ゴンチャンは、ユリンをそのまま孫娘として雇うことにし、ユリンはゴンチャンの家に住むことになります。

会長に仕えている謎めいた人はユリンが偽者だと気づいているみたいだし、何か不気味です。

この人は「快傑春香」でモンリョンのお父さん役の人で、モンリョンのお母さん役のゴンチャンの叔母と、また一緒に出ています。

ゴンチャンはセヒョンが帰国したことを知り、なんとなくユリンを食事に誘います。

ユリンはゴンチャンの前で、ジョンウから聞いた「セヒョンに捨てられた人」の話をしてしまいます。

ゴンチャンはセヒョンから、呼び出されても、断っていましたが、何度も電話がくるので、ユリンを待たせてセヒョンに会いに行きます。

帰るエレベーターの中で、ゴンチャンは「2年間は君を忘れるための時間だった。」とセヒョンを拒否しますが、セヒョンは泣いてゴンチャンに抱きつき、その場面をユリンが見てしまいます。

セヒョンは2年もゴンチャンと連絡をとらなかったのに、今ごろ現われるなんて・・・。でも、ゴンチャンもまだ未練がありそうだなあ。

4話

ゴンチャンがセヒョンと一緒の場面を見て、ユリンは、セヒョンがふったのはゴンチャンだと気づきます。

家に帰ったユリンは豪華なお風呂に入って喜んでいると、足を滑らせ、素っ裸で床に転び起き上がれません。

ゴンチャンは転んだ音に気づき、お風呂を見に来て、ユリンを見てしまいます。

でも、ユリンを布団でくるんで、担いで病院に連れて行きます。ユリンはむち打ちみたいだったけど、すぐ治ります。

ユリンは別荘をもらうことを目標に、会長の良い孫娘になろうといろいろと会長のお世話をします。

Maigaru8 ゴンチャンとユリンが会っているところにセヒョンが来てしまいますが、従妹だと紹介され、一安心します。

でも、セヒョンは、ゴンチャンからもらったネックレスと同じネックレス(ユリンの友達のジンシムが買った安物)を見て怒り、やけ酒を飲みます。

ゴンチャンとユリンは63ビルに行き、ユリンはスカイラウンジへ行くチケットを2枚買いますが、セヒョンのマネージャーからゴンチャンに電話がかかります。ゴンチャンは、すぐ駆けつけ、セヒョンをホテルのVIPルームに連れて行きます。

ユリンはまた、待たされますが、ジョンウが来てくれます。

次の日、セヒョンは「外国へ出発する」と言い、ゴンチャンも「(関係を)終わらせよう」と言います。

会長は回復し、何と退院しました。そして、ユリンは母親の命日にゴンチャンとお寺へお参りに行くことになります。

セヒョンは空港に行きますが、ネックレスを誰かに外され、それを取り戻そうとして人ごみにとびこみ、手を踏まれてケガをします。

ゴンチャンとユリンはお参りの帰り道、道に迷います。・・・御曹司の車なのにナビもついてないの?

ガソリンもなくなったので、助けを求めに家を探していると、村で誕生日会が開かれていて、ユリンはその人の娘の友達のふりをして、ご馳走を食べさせてもらい、泊まらせてもらいます。

嘘はいけないけど、でもすぐ誰とでも仲良くなれて、得な性格だよね。

ゴンチャンのジャージ姿や、ユリンとの掛け合いも面白かった。

ユリンが食べ過ぎて体調を崩し、ゴンチャンはおんぶして医者のところへいきます。

すぐになおり、2人で夜道を歩いているとき、良い雰囲気で、ゴンチャンは「セヒョン、俺はふっきれた」と言います。

これは「新しい恋の始まり?」と思ったのに、ソウルに帰る途中で、セヒョンのケガを知り、また、急いでソウルに戻ります。

セヒョンはまた、外国へ行こうとしていましたが、ゴンチャンはなかなか車から出ようとしないので、ユリンがクラクションを鳴らしてセヒョンに気づかせ、ゴンチャンも車から出て、二人は抱き合いました。

それを見た、ユリンは自分でゴンチャンの後押ししたのに、「心まで消化不良」と言います。

ゴンチャンのことが好きになってきたみたいです。

私は、俳優、女優さんで苦手な人は少ないのですが、セヒョンはちょっと苦手だなあ。

続きを読む "「マイガール」3・4話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「マイガール」1・2話

Photo 1話

旅行会社に勤める?ユリン(イ・ダヘ)は、空港への到着が遅れている客を飛行機に乗せるため、「恋人に一目会いたい。」と演技をして、出発を遅らせます。

今、グリーンローズを見ているから、イ・ダヘのあまりの違いに驚きました。

その時、飛行機に乗っていたホテル経営者の御曹司のゴンチャン(イ・ドンウク)と出会います。

ゴンチャンの祖父は、病気で、「死ぬ前に(日本に行った娘が産んだ)孫娘に会いたい。」と言っていて、ゴンチャンはその人(従妹)を探しています。

ユリンの父はギャンブルにはまっていて、ユリンが小さいときから借金のため、台湾、日本、などに放浪していたそうです。

だから、ユリンは中国語、日本語なども話せます。

ユリンはまた、父親の借金取りに追われて、ゴンチャンの車の前に飛び出します。

幸い怪我はなく、補償金がもらえなくてユリンはがっかりしますが、ゴンチャンに通訳を頼まれ、中国人のクライアントに別荘で通訳をします。

そしてその後、帰る家のないユリンは内緒で、ゴンチャンの別荘に泊まってしまいます。

ゴンチャンは以前、テニスプレーヤーのセヒョンと付き合っていましたが、セヒョンはテニスのために別れてしまったみたいです。

でも、ゴンチャンにもらったペンダントを大事にしていて未練がありそうです。

ユリンは別荘の庭になっていたみかんを売って儲けますが、ゴンチャンに見つかってしまいます。

2話

ユリンは儲けたお金を返しますが、追い出されます。

ゴンチャンの友達のジョンウ(イ・ジュンギ)は遊び人で、イタリアから戻ってきたところです。

ユリンがまた、借金取りのヤクザに追われているとジョンウが助けてくれます。

このときジョンウは、ユリンに一目ぼれ?したみたいです。

ユリンはまた、中国人の通訳を頼まれ、そのバイト代で父を逃がすための航空券を買います。

ゴンチャンはジョンウの母に頼まれ、ジョンウを探します。そしてまた、ユリンに繁華街を案内してもらいます。

ゴンチャンは、従妹を探すため大阪に行きますが見つからなくて戻ってきます。

ユリンはまた、ヤクザにつかまりますが、ヤクザはゴンチャンの名刺を見つけたので、ゴンチャンから、お金が取れると思い、ゴンチャンのところへ行きます。

ユリンは、ソウルの友達のところへ居候するようです。

ユリンがゴンチャンの叔母に似ていたり、ヤクザもだませてしまう演技を見て、ゴンチャンはユリンのところへ行って、「従妹になって。」と頼みます。

最初だからか、いろいろなことが起こってうまく説明できなくてごめんなさい。

イ・ドンウクもイ・ジュンギも評判どおりかっこよくて(誰でもかっこよく見える?)楽しみです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|