「雪の女王」第16話(最終話)

ボラは意識を取り戻します。

そこにはドックが付き添ってくれていました。そして、「二度と俺のそばを離れるな。」と言います。

会長も、ドックのことを認め、ドックに「(ボラのことを)頼んだ」と言います。

ボラは、もう手術もできない状態で、抗がん治療を受けますが、とてもつらそうです。

Cap420 自分の命は長くないと知って、横についているドックにポケベルのパスワードを教えます。

ドックが、難しい数学の問題を解いたので、インタビューを受けます。でも、アメリカへ留学する話を断ったみたいで、ボラはそのことを知って怒ります。

Cap421 ボラの最後が近づいてきたのか、ゴヌが、ドックとボラを海に旅行させてくれます。

最後に二人がとても幸せそうでよかったです。

結局、海の近くのホテル?でボラは亡くなります。

Cap423 ドックは、アメリカに留学することにしました。出かける直前にドンナムから、ボラのポケベルが届きます。

ボラから聞いたパスワードで、メッセージを聞くと、「いくら避けたくても、目を閉じないで。逃げないで。そして生きて。生きている方がいい。」というものでした。

ドックはボラが行きたがっていたラップランドへ行ってから、留学します。

3年後

ドックは、「フィルカーソン賞」を取り、学会で論文を発表します。

Cap430 最後に母校の高校生に「どうして数学が好きですか?」と質問され、ボラに答えたことを思い出しますが、「幸せだからです。答えを探す過程、それ自体が幸せ。」と答えます。

会長も、ドックの姿をみていました。

Cap431 最後に、思い出の図書館へ行って、「いつも一緒にいなくていい。・・・でもお前に会いたい。」と言います。

また、思い出のバスケットコートで、ボラを一瞬見て、「この眼を開けたとき、お前がいなくても、もう俺は逃げない。」と言って、終わりました。

最後は「ごめん、愛している」みたいに後を追ってラップランドで死んでしまうのかと思ったけど、数学で成功できてよかったです。

一緒にはなれなかったけど、ドックとボラの幸せな場面がたくさん見れてよかった。

ドラマ自体にはそんなにはまらなかったけど、ヒョンビンがメチャメチャかっこよかった~。顔はヒョンビンが一番好きかなあheart04 また、画像探ししちゃいそうcoldsweats01

ユリちゃんともすごくお似合いで、うっとり眺めていました。

">

| | コメント (2)
|

「雪の女王」第15話

バスの中で一瞬倒れたボラでしたが、すぐに元気を取り戻しました。

Cap409 でも、バス停を2つ通り越してしまったので、ドックにおんぶしてもらって帰ります。

次の日は、ジムのみんなと一緒にドックとボラもジムの掃除をします。とても幸せそうです。でも、その後、ボラがあげたスズランの箱をボラが落とし、スズランが砕けてしまいます。・・・不吉な予Cap410 感です。

やっぱり、その後、ボラは倒れてしまいます。

ゴヌは、組織検査の結果、ボラが悪性胸腺症だと知り、ボラに話します。

Cap411 ドックはボラを食事に誘いますが、ボラはショックで会えません。

夜、ジムに行くと、ドックが、「今、幸せだけど、失いそうで不安。」という話をするので、ボラは何も言えず、黙って帰ります。

ボラは、家に戻り、会長に「ドックと別れて家に戻る」と言います。

ボラは、ゴヌに、病気のことを会長に話してもらうよう頼みますが、ドックには言わないように頼みます。

Cap413 ボラは、最後に、ドックに夕食を作ってあげたので、ドックは感激します。

ドックは、前にボラがボクシンググローブをリングに並べていたのを思い出し、それをヒントに教授から出されていた問題を解きます。

Cap415 ボラが「問題を解いたら願いを一つきいてあげる。」と言っていたので、ドックは指輪を買って、ボラに渡します。

「今すぐじゃなくて、俺が落ち着いて、会長が許してくれたら結婚しよう。」と言いますが、ボラはうれしいのに、「私は結婚しない。特にあんたとはCap427 絶対にしない。」と言ってしまいます。

ドックは、きょとんとした顔をしています。前の日まで、夕食を作ってくれてラブラブだったのにねえ。

ボラは荷物をまとめてスンニの家から出ようとします。ドックに止められますが、「服屋で働くのもいや。こんな狭い部屋で暮らすのも嫌。・・・」とわざと、嫌われることを言って病院に行きます。

ボラは入院をしますが、ドックからの「行くな」というポケベルのメッセージを聞きます。

それで、我慢できなくてドックのところに行こうとしますが倒れて意識不明になってしまいます。

ドックは、ドンナムから、ボラが倒れたと聞いて病院にかけつけます。

わざと嫌われるようなことを言って別れようとするなんて・・・拒否されるのもつらいし、どうせすぐわかってしまうことなんだから。

申し訳ない気持ちはわかるけど、ドックだってせめて最後まで一緒にいたいよね。

| | コメント (0)
|

「雪の女王」第14話

ドックはボラを家まで送り、「明日会長に会いに言って、許してもらう。・・・ここで、一緒に耐えよう。」と言います。

チュンシクがテウンに謝り、仲直りをします。

ボラが会長にドックとのことを許してくれるように先に頼んだみたいだけど、会長は、ボラを家から追い出してしまいます。

Cap393_2 ドックも会長に許しを願いに行きます。会長はもちろん許しませんが、ドックは「許してもらえるまで何度も来ます。」と言って帰ります。

ボラはスンニのところに泊まることになりました。

ドックはボラを母のところに連れて行くと、母はボCap394 ラを励まします。ドックを怒っていたときは、そんなに怒らなくてもいいと思ったけど、本当はいい人だよね。

スンニの紹介で、ボラはブティックで働きます。

Cap396_2

ドックは、ボラに苦労させたくないので怒りますが、ボラも「自分で働いて自立したい」というようなことを言ったので、ドックも抱きしめて認めてあげました。

ボラははじめての給料で、スンニと会長にプレゼントをあげました。

会長もプレゼントを見て、心が動いているようです。

週末にジムのみんなとボラでスキーに行きました。

二人でゴンドラに乗ったり、みんなにくっつけられそうになったり、幸せそうな場面が見れてうれしいです。

Cap399 朝、二人で雪山に登ります。そして、キスをします。いいよね~、絵になるよね~heart04

母が、店をやめ、テジョンの親戚の店で働くことにしました。

ボラは、最近胸が痛むことがあったんだけど、検査をしてみたら、胸腺腫?ができているみたいで、ドックと一緒に帰るバスの中で倒れてしまいます。

せっかく幸せそうな二人が見れたのに、病気がひどくなっちゃうんだね。

| | コメント (0)
|

「雪の女王」第13話

バスケットコートで、ドックに会ったボラは、最初、「なんで私を待つの?」と怒って泣きますが、落ち着くと、

「パパのことを考えると、ダメだけど、ドックに会えてうれしい。・・・でも、嬉しがる私が嫌。」と正直に話します。

Cap386 苦しんでいるボラを見て、ドックは「約束する。お前のことは、考えないし、待たない。愛さない。」と言って、手をつないでボラを家まで送ります。

会長はゴヌに「二人(ドックとボラ)は本当に愛し合っています。」と聞いてボラに怒ります。

Cap385 ボラが「二度と会わない」と言っても、信じず外出禁止にします。

会長もあんなにドックのことが気に入っていたし、本当はドックのせいでジョンギュが死んだわけじゃないから、そんなに怒らなくてもいいのに。

チュンシクもドックが昔のことを黙っていたことを怒ります。そして、スンニにもそのことを言ったので、スンニも怒ります。

チュンシクが怒るのも納得がいかないなあ。

ボラは、会長の運転手がドックを連れて行ったと聞いて、ゴヌに来てもらって、仮病を使って家を出ます。

会長はドックに、「ここを離れるなら、一生面倒見てやる。ボラと君はダメだ。」と言います。

ドックが「心からボラを愛しています。」と言っているとボラが来て、会長に怒ります。

Cap389 「お兄ちゃんは自分の劣等感のせいで死んだんでしょう。」と会長に言ったので、会長はボラを殴り、ボラは出て行きます。

ドックはボラを追いかけ、会長に謝らせます。

ドックが帰ってから、ボラは、「ドックよりもお父さん、お母さん、私のほうが悪い。ただあいつを恨みたかっただけ。・・・私が留学に行くから、ドックに離れろと言わないで。」と頼みます。

会長は、ボラの言うことを聞いて、次の日、ドックのところに行って、「昨日言ったことは忘れろ。忘れてやり直せ。」と言います。

ボラはゴヌに「留学するけど、ドックには言わないで。」と言います。

そして、留学に行く前にラップランドに行く話もします。

スンニは館長から、ドックのことを聞いてドックに謝り、クリスマスイブに、ボラとドックを教会で会わせます。

ボラは、ドックに前にドックからもらったスズランをプレゼントします。

Cap391 そして、「あんたは悪くない。だから自分を許して。幸せになって。」と言ってあげます。

そして最後のプレゼントと言ってキスをして帰ります。

この場面よかったです。

ドックの論文が雑誌社に採用されることになり、ドックは名前を「ハン・テウン」に変えます。

ボラに許してもらって、やっとハン・テウンに戻れたんだね。

ゴヌがドックにボラがラップランドに行くことを話し、「最後の挨拶をしなよ」と言いますが、ドックは会おうとしません。

でも、ボラのポケベルの番号を思い出して、ついかけてみたら、つながってしまったので、すぐに切ります。

Cap392 そして、ボラとの8年前の約束を果たすため?、遊園地に行きます。

夜になって帰ろうとすると、そこにボラが現われました。

ポケベルが鳴ったので、ボラもドックに会いに来たのでした。

ドックは「今、お前の手を握ったら、二度と放さない。それでも大丈夫?」と聞くと、ボラは「大丈夫」と答えます。

ポケベルを鳴らしていまい、お互い会いに来るという演出は意外だったし、なかなかよかったと思います。

ボラが、ジョンギュが死んだのはドックのせいじゃないと納得しているし、お互いに好きなんだから別れることはないよね。問題は会長だけど・・・

次回は幸せなシーンが見れそうで嬉しいです。

| | コメント (0)
|

「雪の女王」第12話

Cap390 ドックはゴヌに「望みはボラが事実を知らずにすむことだけだ。・・・あいつが傷つかないように助けてください。」と頼みます。

ゴヌはボラのところに言って、「俺を好きになれと言わないから、ドックさんを愛するな。」と言いますが、ドックの秘密は話さないでいてくれます。

ジヘがドックを病院に呼ぶと、ボラが一足早くジヘを訪ねてきました。

ジヘは二人が会わないように急いでドックに「ボラがいるから、来ないで」とメールします。

Cap391 ジヘは、テウンのことを聞かれ、「ジョンギュは、テウンのせいで死んだけど、テウンも被害者よ。学校もやめ、夢もあきらめ苦しんでいた。」と言いますが、ボラは「お兄ちゃんのほうがかわいそう、」と言います。

ボラが帰った後、ドックがジヘに「ばれないようにCap392 できなきゃ、俺が話す。」と言っていると、ボラが携帯を忘れて戻って来て、ジヘがドックを「テウン」と呼んでいるのを聞いてしまいます。

ボラが一人で飲んでいて、ドックに電話をします。ドックはボラを迎えに行き、ボラが「ハン・テウン・・・おにいちゃんを死なせた友達。」と言うのを聞きます。ボラがひどく酔っているので、ドックが家に送ります。

次の日、ボラがドックを科学高へ呼び出します。

今度は、「ハン・テウンがお兄ちゃんの親友と聞いて会いたかったけど、会わないほうがよかった。・・・おにいちゃんはなんて言われて死んだの?・・・」とドックを責めるように言います。

ドックはボラに本当のことを話します。

Cap394 「お前みたいな友達はいらない。と言ってしまった。・・・ドックとして生きてきたが、一人の女の子を愛して幸せになりたいと思った。・・・でも友達の妹だった。知られたくなくて傷つけてしまったのに、知られてしまった。」と言い、ボラに「その子はどうしたらいい?」と聞かれ、「憎んでくれていいから傷つかないでほしい。」と言います。

ボラは「憎むわ。」と言って帰ってしまいます。

会長はゴヌを呼んで「ボラが昔のことを探って傷ついているようだから、心をつかんでほしい。」と言いましたが、ゴヌがふられたと聞いてがっかりします。

ゴヌが帰るとき、ボラが家に帰ってきて、会長にハン・テウンに会ったことを話します。

ボラは、ドックと話したら、ドックの辛さがわかったのか、「(テウンが)かわいそうだった」と言いますが、会長は「17歳で死んだジョンギュのほうが可愛そうだ。」と怒ります。

ボラがドックと会ったのを知ったゴヌは、ドックに「気にせず、自分の人生を生きなよ。」と言ってあげます。

Cap396 ドックがボラの大学のセミナーで、論文の発表をしていると、チュンシクがドックを探しに来て、ドックのセミナーでの姿を見てしまいます。

そして、ドックに「俺たちを騙していたのか?」と怒ります。・・・そんなに怒らなくてもいいのに・・・

会長が、ドックになかなか会えないので、ジムまで来ました。

そこには酔ったチュンシクがいて、「(ドックの)本名はハン・テウンです。」と言ってしまいます。

ドックが大学でバスケをしていると、そこにボラが来ます。

ボラや会長にドックの秘密がわかる課程が、ちょっと強引なところがあるけど、二人が事実を知らないと先へ進めないからしかたないか。

ボラが早くドックを許してあげてほしいです。

| | コメント (0)
|

「雪の女王」第11話

ドックは、ノックアウトされた後、ボラを探しに行きますが、声がかけれません。

Cap385 ボラが、ドックにふられたショックで、食べれないし、寝れなくて病院に運ばれます。ドンナムが、ジムに行ってドックをボラのところへ連れて行こうとしますが、ドックは行きません。

ボラは、ゴヌに「ドックが私のことを嫌いだって」と話し、ドンナムにも、「約束はできないけど、ドックのことを忘れるように努力する。」と言います。

Cap386 ドックは、母が工面した300万ウォンを会長に返します。会長は、縁が切れるようで寂しそうですが、ドックは食事に誘われても断ります。

ドックは、それから、チュンシクと同じところで働き、ボクシングの練習をし、夜は、数学の勉強に没頭します。

でも、ドックもボラもバスに一人で乗って、お互いのことを思い出したりするところは胸がズキズキくる感じです。

ドックが数学の教授のところにレポートを出すと、論文を書いてセミナーで発表するように言われます。

Cap387 ドックとボラが大学で会うと、ボラは、「あんたのせいで辛かった。・・・でもあんたのせいですごく幸せだった。好きになったことを絶対に後悔しない。・・・ありがとう。」と言います。

ドックが、ボラにそういわれても、好きだといえないのが辛くて、一人で飲んでいました。

スンニとチュンシクが来て、スンニに「ボラが好きなら会いに行けばいいでしょう。・・・」と言われてドックは出て行ってしまいます。・・・会ってもいいなら、行っているよね。

Cap388 ボラは、別荘で、ジョンギュと話したことや、自転車に乗ったことなどをいろいろ思い出します。

ドックがチュンシクに「大学へ行く」と言うと、チュンシクは「ぜいたくだ」と言ってしまいますが、後で反省して大学受験のための?本を買ってあげます。

ジムに高校の同級生のサンホが来ました。みんなは、ドックに韓国大の友達がいると知って驚きます。

Cap389 ドックはサンホに「テウンに戻ったら?」と言われ、「あの子を好きなままドックとして生きたい。」と言います。

ボラは、ゴヌにジョンギュの親友のハン・テウンの話を聞き、「会ってみたい」と言います。そして、ゴヌには「友達でいるのは辛いだろうからゴヌさんとはもう会わないほうがいい。」と言ってしまいます。

ゴヌはハン・テウンに会いたくて?科学高までテウンのことを聞きに行きます。

そこで、テウンは退学したという話を聞いたり、ジヘが、ドックと小学校の同級生と言っていたのに、実は小学生のときはイギリスにいたということを聞いて、テウンがドックと同一人物だということに気付きます。

それで、ゴヌは、ジムに行って、ドックに「あなたがハン・テウンだろ?」と言います。

ボラも会長にハン・テウンの話をすると、会長は「ジョンギュは友達のせいで死んだと聞いたろ?それがハン・テウンだ。」と言います。

ついにゴヌに秘密がわかってしまいました。今のままだとドックとボラに進展はないから、早くボラに本当のことがわからないかな~

| | コメント (0)
|

「雪の女王」第10話

ボラが告白しているところをチュンシクとスンニが見ていました。

ボラは二人に気付いて出て行き、後で告白したことを後悔します。

Cap392_2  ドックはボラに「お兄ちゃんみたいで楽だから、勘違いしているんだ。・・・聞かなかったことにする。」と言います。

ボラが「簡単に言ったんじゃない。見るとドキドキして大変なの。」と言いますがドックは信じず、「ジムに来るな」と突き放します。

ドックが母にボラのこと相談しますが、母は、「全部話してもそれでも好きというならつき合いな」と答えます。

でも、ドックはジョンギュとのことをを話せばボラが傷つくと思って、ボラの気持ちを受け入れようとしません。

Cap394 ドックはジョンギュのお墓に行き、「俺がボラを傷つけても1度だけ見逃して。」と言います。

館長がドックのお母さんからドックのことを頼まれたので、新人戦に出すことにします。

ドックが練習を始めると、ボラが来ました。

ボラが、「ただ、お兄ちゃんみたいに楽に接して。」と言っても、ドックは拒否してしまいます。

Cap396 ボラはドックの母のところへ「ドックが好きなんです。」と言いに行きますが、母も「手伝えない」と冷たくしてしまいます。

ドックが、そのことを聞いて、ボラを追いかけますが、結局声をかけられないのが切ないです。

Cap398 新人戦が始まりました。ドックは勝ち進みます。

ボラがまた、ドックを訪ねてきて、「3分だけ正直になろう。・・・私を好きになったことはない?・・・」といろいろ聞きますが、ドックは否定します。

Cap399_2 次の日の試合、ボラが見に来たのを見て、ドックは殴られてしまいます。殴られながら「俺のために泣くな」とボラのことを考えていました。

ボラがジョンギュとのことを聞けば、少しは傷つくかもしれないけど、ドックのせいで死んだわけじゃないから、言えばいいのにと思うよ。

ボラは拒否されたほうが、辛いと思うけど・・・

| | コメント (0)
|

「雪の女王」第9話

ドックは、ボラに「1度だけ抱きしめていい?」と言い、抱きしめると、「ごめん」と言って帰ります。

ボラが好きなのに、ジョンギュの妹だとわかって離れることにしたんだね。

ボラは、父にゴヌと別れたと言うと、父も「やりたいようにやれ。」と認めます。

でも、「母さんには会うな。」と言います。

ドックは仕事を休み、ジョンギュのお墓参りをします。

仕事を休んだドックを心配して、ボラはジムに行きます。

Cap386 すると、ドックが熱を出して倒れていました。

ボラはゴヌをよんでドックを診てもらいます。ゴヌが、治療が終わって、ボラを送ろうとしますが、ボラは「ドックを置いて帰れない」と言います。

次の日、ドックはボラに、ジョンギュの名前はふせCap387 て、「俺のせいで友達が死んだ。」と、ジョンギュの話をします。

ドックは、ボラを母のところに連れて行きます。

そして、「好きな人ができたら連れて来いと言ったろ?今日じゃなきゃ連れて来れない気がすCap388 る。・・・ジョンギュの妹だ。」と教えます。

ジヘが、ゴヌがドックを知っているのに、ハン・テウンという名前を知らないことを不思議に思います。

ドックは会長に運転手を辞めて勉強をすることを話します。

会長は、最後に前の家に行って、ボラが描いた絵をもってくるように頼みます。

ドックが会長に絵を持って行って、ジョンギュの友達に会ってみたいか聞きます。会長は「友達が幸せでも不幸でも、胸が痛む。」というようなことを言ったので、話せませんでした。

Cap389 ゴヌはボラに別れを告げ、万歩計も返してもらいました。

ドックは、ボラに、ドックとジョンギュの関係を知られないように、ジヘに「俺がハン・テウンだと言うな。」と口止めをします。

Cap390 そして、ジヘにも「ボラが好きだ。つらい思いをさせたくない。」と言います。

ボラは、ドックが運転手を辞めたと聞いて、ジムに行きます。

「ゴヌと別れたから辞めなくていい。」と言い、後Cap391 ろから抱きつき、「あんたが好き。本気よ。私のカイはあんたよ。」と言います。

ついに告白しちゃったね。でも、ドックはボラの気持ちを受け入れず、離れようとするだろうなあ。

| | コメント (0)
|

「雪の女王」第8話

ボラが、ドックに「ママは生きている。あそこは兄のお墓」と話します。そして、「お兄ちゃんのところへ連れて行って」と頼むので、一緒に兄のお墓へ行きます。

ゴヌは、ボラとドックが一緒にいることを感じ、ジムで一晩待っていました。

Cap458 ボラが母の話をすると、ドックは「もしボラの兄なら、きっとお前だけでもお母さんに会えてよかったと思う。・・・本当はお母さんが生きていて嬉しいだろ?」と言います。

ボラは、素直に「お兄ちゃんのところへ連れて来てくれてありがとう」と言いますが、波で靴が濡れたので、ドックの靴を脱がせて履きます。

ドックは裸足で歩いているのに、平気でドックの靴で歩いたりするところが信じられないなあ。

ゴヌはまだ、ジムで待っていて、ドックが帰ると殴ります。

「ボラさんを好きなわけじゃないでしょう?そんな身の程知らずじゃないはず」と言います。

ボラがゴヌに謝りに行くと、「なんでドックさんと行ったんだ?・・・ボラさんは僕を信じられなくさせる。」と言って怒っています。

チュンシクはドックに「恋人がいるんだから、一緒に行くのを断らなくちゃ」と言っても、ドックは「辛いとき横にいてやりたくなった。なんで好きじゃいけないんだ。」と正直に話します。

母が会長のところへ来て、「これからはボラに会うわ」と宣言します。

Cap460 会長は、前に家族で住んでいた家に行き、ジョンギュのことを思い出します。

ゴヌが、同僚との飲み会にボラを誘います。

Cap461_2 神経科の合宿にもボラを連れて行くというので、ボラはそこからゴヌと抜け出し、ゴヌに怒ると、ゴヌは「ドックさんとは海に行くのに、なんでダメなんだ?・・・嘘をついたことも見逃そうと思ったが、許せないのはつらいときにドックさんを思い出したこと」と言います。

近くで飲んでいたドックがボラが一人で帰るのを見つけて、送ります。

ボラは「なんで私によくするの?よくしてくれるのが嫌。・・・」と言ってしまいます。

ドックの母は、ドックに「好きな人がいるならよくしてあげな。何も望まずに・・・」と言います。

ドックを教えている教授がドックの論文を出してくれることになります。

そして、ドックも仕事を辞めて大学検定をうけることにします。

ドックはボラに「8年前に遊園地であげようと思っていたもの」と言って、「雪の女王」の絵本を渡します。

一緒に入れた手紙には「ゴヌ先生の誤解はお前がとけ。お前のカイはゴヌ先生だから。この本はドックじゃなくて、8年前のお兄さんがあげたんだ」と書いてありました。

Cap462 ゴヌがボラに指輪を渡して、「やり直そう」と言いますが、ボラは受け取りませんでした。

一方ドックは、ジヘから、ボラがジョンギュの妹だということを聞いてしまったみたいです。

ボラが家に帰ると、ドックが待っていて、今にも涙がこぼれそうでした。

| | コメント (0)
|

「雪の女王」第7話

ホン・ジヘがドックを見て、声をかけますが、エレベーターが閉まってしまい会えませんでした。

ゴヌは、スンニから話を聞いて、ボラの初恋の人はドックだとわかり、ショックを受けます。

ゴヌはボラに、「言いそびれていることない?」と聞いたり、自分の今までの恋人の話をしたりします。

ボラが、「(ゴヌのことが)好きでなければ付き合ったりしない。」と言っても、ゴヌは信じられません。

Cap449 ドックはボラと一緒に遅くまで図書館にいると、ボラのことが気になって仕方がなく、先に帰ろうとします。

そして、ボラがゴヌと一緒に帰るのを見て、切なさそうです。

Cap450 ドックは母のところに泊まり、高校のときのノートやメダルがまだとってあるのを見て、「期待通りに生きられなくてごめんなさい。でも、もう一度勉強する。」と言います。

ドックはなんてお母さん思いなんだろう。うちの子供たちと違いすぎ!

スンニが、ドックに「ボラと一緒に来て」と頼んだので、ボラもジムに来ました。キムチをつけるのを、男たちに指示して手伝わせてもらうためでした。

Cap451 ボラは、「人に命令するのは得意」と言って、本当に自分は手伝わず、口ばかり出していました。

帰り道、ボラが、ずっと友達がいなかった話をすると、ドックが「友達になってやろうか?」と言います。

ボラは、命令だけしていたのに、楽しかったようで、「またあそこへ行ってもいい?」とドックに聞きます。

Cap453 その後、雪が降ってきたので、ボラが喜んで目を閉じて願い事をしていると、ドックは、いろいろなことを思い出して、思わずキスをしてしまいます。

ボラは驚き、すぐ、ドックをたたいて帰ってしまいます。

次の日、ドックはボラに謝りますが、ボラは父に頼んで運転手を代えます。

「他の男と違うと思っていたから許せない。・・・二度と見たくない」と怒っています。

でも、ゴヌと会ってもドックのことを考えて上の空です。

Cap455 ジヘがついにドックと再会します。「ジョンギュが死んだのはあんたのせいじゃない」と言ってあげます。

ゴヌもジョンギュのことを知っていたみたいで、ジヘに「ボラはジョンギュの妹だ」と教えます。・・・え~!?そうだったの~

BGMでかかる音楽が「ごめん、愛してる」とよく似ていていい感じです。

ボラは、ドックに会えなくなったためか、イライラしています。

Cap456 そして、偶然、母に会いますが、ボラは嫌味を言ったり、ひどいことを言ったりします。

その場面をゴヌが見ていて、ボラを怒ります。

それで、ボラはだまってどこかへ行ってしまいました。

Cap457_2 ドックはボンナムからボラがいなくなったと聞き、あちこち探し、最後にジムへ行きます。ボラが「オッパ」というだけで泣いているので抱きしめてあげます。

そのときちょうど、「雪の女王」のお話のナレーションが入っていて、それがボラの心を溶かしたことと重なってすごくよかったです。

ヒョンビンがやっぱりかっこいいです。

演技もいいけど、ハンサムだから見とれちゃうlovely

| | コメント (4)
|

より以前の記事一覧