「ファン・ジニ」第24話(最終話)

Cap419 最高の舞についてプヨンは「舞は満たされた階級のもの」と言いますが、ミョンウォルは「人の心に上下はない」と言って、教坊を出ます。

メヒャンに「競演の日には戻るから探さないでください」と置手紙をして出ました。

Cap422 そして、自然を見て舞いに生かせないか、あちこち歩き回ります。

そして、田舎の市場で踊り、「見てくれた人の心づけで生きていく」と花沢先生に言いますが、何日踊っても心づけはもらえません。

Cap420 プヨンは地方の教坊をまわり、行首にいろいろな踊りを教わり、行首たちに気に入られます。

ヒョングムは体が弱って寝込んでしまったので、トクパルにミョンウォルを連れてこさせようとしますが、ミョンウォルは田舎に行っていていません。

オムスがずCap423っとヒョングムに付き添っていました。

ミョンウォルが、倒れるほど踊り続けても何も見つからないので、とうとう花沢先生が、教えてくれました。

先生が、摘んでしなびた花びらを茶の湯に浮かべると、花びらは生き返ったように開きました。

Cap424 それを見て、ミョンウォルは気付きます。「舞を披露しようという傲慢は捨てる。」と言い、人々と一緒に仕事をしながら、暮らしの中で一緒に踊りました。

ヒョングムは少し回復し、オムスに演奏を頼み、聞き入りました。

Cap429 競演の日がやってきました。

地方から行首や妓女たちが審査にやってきました。

ミョンウォルはまだ到着しませんが、プヨンが先に踊ります。

行首たちは、褒め称え、勝負は決まったから、プヨンを行首にしようということになります。

でも、そこへミョンウォルが地味な身なりでやってきました。

「最高のCap430芸人に華美なうわべは無用です。」とそのまま踊ることにします。

舞譜も踊りの礎もないというので、行首たちは、「格式と伝統をこわすものは芸人といえない。」と怒ります。

でも「皆を感動させれなければ、破門」いう約束で踊り始めます。

Cap431 音楽もなかったのですが、楽しそうに踊るその姿につられて、皆が拍子をとり出します。

そして、踊り終わると拍手が起きました。一番最初に拍手をしたのは、プヨンだったんだね。

メヒャンは行首たちと話し合いました。ミョンウォルが優勢だと思いましたが、「女楽行首は、プヨンとする。」と言います。

ミョンウォルは納得しましたが、プヨンは「悔しいけど私の負けです。」と言います。

でも、メヒャンは、「だからこそお前を行首にする。」と言います。ミョンウォルには舞って生きるだけにしてあげたかったし、行首にはいろいろな仕事があるのでCap427、プヨンには後輩を育ててほしいということかな。

ミョンウォルはヒョングムが危篤だと聞き、急いで駆けつけます。

ヒョングムは「戻ったのね」とだけ言って手をとって亡くなります。

オムスの演奏を聞いた日だと思うけど、「生まれ変わったら、生涯、楽士様(オムス)に添い遂げます。」とオムスに言っていました。

生まれ変わってからじゃなく、一緒に暮らしていればよかったのにね。それも法律でできなかったのかなあ?でも、オムスはずっとヒョングムの側で見守ることができたから満足そうでした。

Cap437 ミョンウォルは花沢先生のところに言って思い切り泣きます。

でも「悲しみの底から這い上がり、人々を楽しませる」と決心しました。

ミョンウォルは、また市場で人々と楽しく踊ってい24 ます。そこを通った行首のプヨンが、後輩にミョンウォルの話を聞かせています。

後半は一気に見続けてしまいました。

見終ったら、ちょっと放心状態のような感じで、胸がいっぱいでした。

ミョンウォルは、最後は芸に生きることにしたけど、私は、田舎でジョンハンと暮らす方を選んでほしかったなあ。

朝廷で働かなくても、田舎で子どもたちに学問を教えれば、十分民のためになるし、ミョンウォルも踊りを教えたり、田舎でみんなと一緒に踊ればよかったのに・・・

でも、3年だけでも一緒に暮らせた時間があってよかったかな。

「芸に生きる」のがミョンウォルらしいのかも。

思いがけない展開が多かったし、感心する場面も多くて、脚本がいいと思いました。

いろいろな試練を乗り越えていくのは、チャングムと似ていました。

芸の本質についてだんだん見つけていくときのセリフがすごく良くて、納得してしまいました。

ハ・ジウォンの存在感もすごいです。

気が強いときは、目力がすごいし、弱いときは、すごく弱々しいし・・・

踊りも上手だと思いました。アクション、馬術など何でも、撮影前にいろいろ習って習得してしまうと聞いたことがあるけど、短い時間でやりこなせるから運動神経がいいんだろうなあ。

衣装もきれいだったし、音楽もよかったです。

では、よかった場面の動画を探しました。

まず、ウノのプロポーズの場面です。

キム・ジェウォンとの動画があまりなかったのですが、数少ない二人の幸せなシーンがあります。

| | コメント (2)
|

「ファン・ジニ」第23話

Cap404 やはり、お腹の赤ちゃんは助かりませんでした。

病気のヒョングムに代わって、タンシムとトクパルがタンシムの子どもを連れてミョンウォルのお見舞いに行きます。

ジョンハンは、子どもを亡くしたことで、「生きている価値がない」と自分を責めますが、ビョクケスは「あれは事故だ。ミョンウォルを支えてやれ。」と言います。

Cap406 ミョンウォルが、タンシムが連れてきた子どもを抱いてあやすところがかわいそうでした。

タンシムは、子どもをビョクケスに会わせます。ビョクケスは、「名前をつけて、お前がよければひきとってやろう。」と子どもを認めてくれたので、子どもをビョクケスに渡します。

Cap407 子どもと離れるのはつらいと思うけど、子どものためには、王族の子どもであるほうがいいと思ったんだよね。

そのあと、タンシムはトクパルに「昔みたいにケットンと呼んで。」と言います。この二人もうまくいくといいです。

ミョンウォルは、ジョンハンに笛と手紙を渡し、前に一緒に住んでいた家に来るように頼みます。

Cap409 ミョンウォルは「あの子の野辺送りをしましょう。・・・・そして、それぞれの場所に戻って人々を懐に抱きましょう。」と言って二人で演奏をします。

ジョンハンは、まだ「あの子を育てられる場所へ戻りたかった。」と未練がありますが、二人は別Cap411 れることになります。

ミョンウォルは妓女にもどると、王や両班からひっぱりだこで大忙しです。

疲れてプヨンに愚痴を言っても、プヨンは嫉妬で聞いてくれません。

プヨンは、ミョンウォルばかり、ちやほやされるので、酒びたりの生活になってしまいました。

Cap412 メヒャンは見かねて、6ヵ月後に女楽行首の座をかけてミョンウォルとプヨンの最後の勝負をさせることにします。

身分の低い人たちに感動を与える舞が、最高の舞いだと思い、町に出て行き、市場で踊ります。

Cap413Cap414 

Cap416 みんな、朝鮮一の名妓と聞き、見とれますが、学者の花沢先生は侮辱をします。

なぜいけないのか教えてくれないので、今度は面をかぶって市場で踊ってみましたが、誰も見てくれません。

とうとうミョンウォルと、ジョンハンは別れることになっちゃってかわいそう。特にジョンハンはかわいそうだなあ。

| | コメント (0)
|

「ファン・ジニ」第22話

宴当日の朝、ビョクケスはさすがに我慢できなくて、王に「宴を中止させます。」と申し出ますが、王は「予定通り行う」と言います。

Cap437_2 王様、ジョンハンの味方でいい人だと思っていたのに、何で許してくれないのかなあ。

ミョンウォルははじめ、顔にベールをかけて舞い、途中でベールをはずします。

そして、詩を書いた紙を持ちながら踊り、王に見せます。

Cap435_2 Cap439_2

王は感動の涙を流し、ジョンハンの刑を執行の直前で止めます。

幼いころ、「殿下の御涙を心づけにいただく」と言っていたのがその通りになったね。

刑が執行されなくてよかったけど、もっと早くやめてよね。ジョンハンが刑を執行されそうになるときは、残酷で見ていられず早送りをしちゃいました。

でも、王はミョンウォルは許さず、牢に入れます。・・・なんで~?

ヒョングムは、ミョンウォルが投獄されたと聞き、「共に死なせるために宴に出したのに、どうしてミョンウォルだけ罰せられるのか?」と怒ります。

プヨンがビョクケスにミョンウォルを助けるように頼みます。

でも王は、大臣の手前ミョンウォルを投獄しても、本当は助けるつもりだったみたいです。

Cap445_2 ミョンウォルを呼んで、「余は、権力のために妻を捨てた。・・・・」と自分の話をして、「二人の縁はまもってやりたい。深く隠れて、二人で達者で暮らせ」と言います。

そんなに優しいなら早く言ってよね~。でも、これでは、3年間の二人の生活と変わらない・・・・と思ったら、

ミョンウォルは、断ります。そして、教坊へもどしてくれるように頼みます。

教坊へ戻ってきたミョンウォルは倒れます。

そして、みんなに妊娠していることがわかりますが、ヒョングムに「あの人の子じゃない。あの人に絶対に言わないで。」と頼みます。

ミョンウォルは、自分も芸を選んだけど、ジョンハンの能力を田舎で埋もれさせたくなかったんだね。

ビョクケスは、拷問で傷ついたジョンハンを家で休ませます。

Cap448 ムミョンが、ミョンウォルに頼まれて、ジョンハンを元の地位にもどすように父に頼みます。

王が「ジョンハンをもどす」と言っても、他の臣下たちは反対しましたが、ムミョンの父が賛成して、戻れることになりました。

ジョンハンとミョンウォルは3年前に戻ったわけですが、ジョンハンはミョンウォルが忘れられません。

Cap449 会おうとしても会ってもらえないので、お酒を飲み、朝廷も休んでしまいます。

見かねたビョクケスが、「もうミョンウォルを放してやれ。」と言いますが、「放したくてもできない。」と言います。

Cap452 ジョンハンは、お金を出してミョンウォルを呼び、「あの3年は無意味だったのか?(離れるのが)私のためなら間違っている。やり直そう。」と言いますが、ミョンウォルは「二度と呼ばないで下さい。」と言ってしまいます。

ヒョングムが、心労のためか体が弱ってきたので、オムスがジョンハンに会い、「子どもを頼む」とミョンウォルの妊娠を知らせます。

Cap453 ジョンハンは、山寺にいるミョンウォルのところへ言って、「妓夫になればいいのか?お前も芸を失わず、子も父を失わずにすむ。」と言いますが、ジョンハンの手を振り払おうとしたミョンウォルは階段の上から落ちてしまいます。

ひどいよ~。二人が一緒になれないとしても、赤ちゃんは助かってほしかったなあ。

| | コメント (0)
|

「ファン・ジニ」第21話

ムミョンがミョンウォルを保護したのを見て、ジョンハンはおとなしく捕らえられます。

Cap424 ジョンハンがミョンウォルのために買ったコムンゴを見て、「一人で死なせられない。」と自分も都へ行こうとしますが、ムミョンに止められます。

でも、「あの人を助ける道を探さなくちゃ」と思いなおし、ムミョンに隠れ家を探してもらい、そこに隠れます。

Cap425 ジョンハンは、ミョンウォルの居場所を聞かれても、もちろん話さないので、拷問を受けます。

プヨンは、ジョンハンに会いに行き、その哀れな姿に涙を流します。

ミョンウォルは、ジョンハンを助けるためにビョクケCap426 スに会います。

「このままでは、(あなたは)礼判様に永遠に負けたまま。礼判様が、力あるものに卑しくすがりつき、惨めにさせるのです。」と言うので、ビョクケスは心が揺れます。

Cap427 ミョンウォルは、プヨンにも会い、協力を頼みます。

ジョンハンにミョンウォルの隠れ家は「セムトク谷の里」と言ってもらい、ジョンハンが自白したら、合図をしてもらい、ミョンウォルは隠れ家に行き、捕まる。そして、ジョンハンは自白したので助かる。・・・という計画です。

ビョクケスが、ミョンウォルの計画通り?「ジョンハンの忠心の証にミョンウォルを殺させるのです。」と王に言います。

王は、「ミョンウォルはどこだ?3日やろう。居場所を言えば、お前を不問にして重用しよう。」と言いますが、ジョンハンは言うはずがありません。

Cap430 でも、メヒャンがプヨンにミョンウォルの居場所を聞き、会いに行きます。

「礼判様を救えないのなら一緒に死にます。」とミョンウォルは言いますが、メヒャンは「ベンムの死を無駄にするな。生きて償え。」と説得します。

ミョンウォルはプヨンから、ジョンハンの刑が執行される日に宴が開かれることを聞き、メヒャンに「宴に出してください。舞い手として壇上で死にたい。」と頼みます。メヒャンは認めます。

プヨンが「行首様も危うくなる」と止めますが、メヒャンは覚悟ができていて、行首をプヨンにまかせるつもりです。

ムミョンの父はなんと、領相大臣でした。家を出ていましたが、「家に戻るかわりに礼判様を助けてください。」と頼みます。

Cap433 ミョンウォルは、メヒャンに励まされ、また舞うことができるようになりました。

宴と刑執行の当日、ジョンハンとミョンウォルはすれ違いますが、ミョンウォルは中が見えない籠に乗っているので、気付きません。

ミョンウォルも、自分を殺そうと思っているビョクケスに会いにいって説得してしまったり、捕まるのを覚悟で宴で踊ろうとしたり、すごい度胸というか、ふつう考えないことをするよね。

ジョンハンが拷問されているところは、見ていられません。

| | コメント (0)
|

「ファン・ジニ」第20話

3年後

チソンが松都の行首、エンムが訓育母になっていました。

Cap416 ミョンウォルは姿を消していましたが、ヒョングムは「愛する人とまた生きる決心をしたから会えなくてもいい。」と言っています。

ビョクケスはまだ、ミョンウォルとジョンハンのことを怒っていて、二人の人相書きをあちこちに貼らせ、捕まえようとしています。

Cap415 二人は田舎で、子供たちに字を教えたり、山菜や魚をとったりして、幸せに暮らしていました。

二人で幸せに暮らせてよかったと私は思うけど、ミョンウォルは芸に未練があるみたいだし、ジョンハンも王に「朝鮮の音楽を守ってくれ」と言われたことを思い出し、申し訳なく思っていました。

Cap417 やっぱり才能を埋もれさせておくのも、もったいないよね。

プヨンは鶴舞の練習をしていました。

メヒャンは。プヨンの先輩に「ミョンウォルを高く評価しているが、一番大切なのはプヨン。プヨンが山を乗り越え頂点に立つ姿が見たい。そのためにミョンウォルが必要。」と言います。

王も、ジョンハンがいなくなり、能力がある人がいなくて嘆いていますが、ジョンハンには怒っているようです。

ミョンウォルは、芸のない人生は受け入れがたいものだと思っていましたが、赤ちゃんができて、「芸がなくても生きる道を見つけた。」と思いました。

Cap418 王が、学識があって高潔な人を探していたので、ジョンハンに教えてもらっている青年が、役人を連れて来てしまいます。

ジョンハンは上手くごまかして断りますが、役人は「見覚えがある」と不審に思います。

ミョンウゥルは櫛を売りに来た人から「ヒョングムが危篤」という話を聞きます。

これは、ビョクケスの罠だったのですが、ミョンウォルはいてもたってもいられず、ジョンハンと松都に行きます。

ヒョングムは、胸騒ぎがして?急に山寺へ行きます。

松都についたジョンハンたちは、ビョクケスの手下が見張っていることに気付き、ひとまず山寺へ行きます。

Cap420 それで、ミョンウォルとヒョングムはやっと会えたのでした。

会えたのもつかの間、ビョクケスがヒョングムが山寺へ向かったと聞いて、手下を山寺へ行かせます。

手下がついたのは、ジョンハンたちは、家へ向かって立った後でした。

家に着く前に、ミョンウォルは一人で髪を整えに行きます。赤ちゃんができたことをジョンハンに話すつもりでした。

ジョンハンもコムンゴを買って、ミョンウォルにあげるつもりでした。

Cap421 でも、二人が着く前に、人相書きを見て二人を捕まえようとしていた役人たちが家で待っていました。

ミョンウォルが捕まる前に、ジョンハンが大声を出して、役人たちの気を引き、捕まってしまいます。

赤ちゃんができて、これから・・・というときなのになあ・・・

| | コメント (0)
|

「ファン・ジニ」第19話

Cap404 ミョンウォルとプヨンが王の前で、鶴舞と鳴鼓舞を見せることになりました。

でも、ミョンウォルは、ベンムが亡くなったショックで、食べたり休んだりできていないようです。

王が舞を見て、良いと思ったほうが女楽行首になることになっていました。

プヨンが先に踊りました。メヒャンが教えた、提出した舞譜とは少し違っていましたが、王は何も言わずに終わりました。

Cap405 ミョンウォルが舞おうとすると、ビョクケスが「毒々しい舞だ。・・・」とベンムのことも持ち出して悪口を言います。

ミョンウォルもベンムに言ったひどい言葉を思い出し、踊れず倒れてしまいました。

王も席を立ちます。

Cap407 ジョンハンはたまらずミョンウォルを抱き上げてその場を離れたので、ジョンハンをよく思っていない周りの人から悪口を言われます。

ジョンハンは辞表を出し、王の処罰を待ちます。

でも王は、才能のある人を守ろうとしたジョンハンCap408 に心を打たれ、「これからも民を愛してくれ。」とミョンウォルもジョンハンも許します。

ジョンハンが、ビョクケスに「あの人に二度と近づくな。・・・・あの人は初めて心を奪われた女だが、思いは封じ込めた。」と言います。

Cap409プヨンは、王に出した舞譜のほかに自分で考えた舞譜も作っていました。

そして、自分の舞譜が優れていることを王に知らせようと細工をしたのですが、メヒャンがそれを見破っていて、失敗に終わりました。

Cap411プヨンは、メヒャンに「行首にしてください。」と頼みますが、「術策をつかう心根を直さねばなれぬ。」と断ります。

ミョンウォルは、松都に戻りますが、ベンムがなくなったショックで、おかしくなってしまい、演奏や舞ができなくなります。

ムミョンが、オムスに頼まれて、ミョンウォルを助けCap413るよう、ジョンハンに頼みに行きます。

ジョンハンが松都に行くと、遺書があったので、急いでベンムが亡くなった場所へ行きます。そして、間一髪のところでミョンウォルが飛び降りるのを止めて、「二度とこの手を放さない。・・・・」と言 います。

ついに、仕事を捨てて、ミョンウォルと生きる決心をしたのかな?

| | コメント (0)
|

「ファン・ジニ」第18話

Cap450 ベンムは「死罪は免れんぞ」と言われ牢に入れられます。

留守様がビョクケスにベンムを助けるように頼みますが断られます。

タンシムもビョクケスに子供ができたことを話し、ベンムを助けてくれるよう頼みますが、「俺の子か?」と疑われてしまいます。

18 ついにミョンウォルも「ベンムを放免してください。側室になります。」と言いに行ったので、ビョクケスは、放免することにします。

トクパルとムミョンがヒョングムに頼まれ、メヒャンに助けを求めに行きます。

メヒャンはジョンハンにも助けを求めて、みんな松都へ行きます。

ベンムは戸長に「最後の夜を教坊で過ごさせてください」と頼んで牢を出してもらいます。

Cap455 ベンムはミョンウォルに「バカな子だよ。同情はするな。」と言います。そして、ビョクケスに「自分で罪を償うから、ミョンウォルを側室にしようなどと思うな」という手紙を出します。

そして、「舞譜 ファン・ジニ」と表紙に書いた、何も書かれてない本を作り、置いて行きます。

Cap456 ミョンウォルに「舞譜を作れ」ということだね。

そして、崖の上へ行って鶴舞を踊り、崖から川へ飛び降ります。

ベンムの遺体が教坊に戻ってきました。

妓女たちは周りで泣き崩れます。

Cap457 ミョンウォルも「起きて、卑怯にも逃げるなんてゆるさない。言いたいことがあるのよ。」と泣き、ジョンハンに「落ち着け」と言われます。

ジョンハンがビョクケスに「共に都に戻ろう」と言いますが、「約束だからミョンウォルに側室になれと言え。」とまだ言っているので、

ジョンハンは「あの人に手を出すな。」と言います。

ジョンハンは「偽善より偽悪のほうがたちが悪い。正直になったらどうだ。」とビョクケスも心を痛めているのがわかっているみたいです。

Cap461_2 ベンムの遺灰を川に流すとき、妓女たちは喪服で川辺に来ていましたが、ミョンウォルは、宴のときの服を着て、舞います。

また、ミョンウォルは側室になるのかとハラハラしたけど、ならなくてよかったです。

ベンムもいろいろ冷たい仕打ちをしてきたのに、妓女たちには慕われていたんだね。

ミョンウォルもあんなにベンムのことを嫌っていたけど、最後はベンムがミョンウォルを守ってくれたわけだし、なんといってもここまで妓女として育ててくれた人だから、感謝の言葉も言えずに亡くなってしまって、後悔するよね。

| | コメント (0)
|

「ファン・ジニ」第17話

Cap440 ミョンウォルは、ベンムと鶴舞の練習をしますが、ベンムは「魂が抜けたようだ」と怒り、お仕置きをします。

でも、ミョンウォルは「今は舞えない」と言って、練習しようとしません。

ジョンハンは王に「20周年記念式典の規模を縮小してお金を民に分けてください。」と頼み、王は受け入れます。

ビョクケスは、ジョンハンに「いつミョンウォルと会うのだ?」と聞くと、ジョンハンは「二度と会うことはない。」と答えます。

ビョクケスは鉱脈を使用人に探させていて、また、ミョンウォルを得るために功績を立てようとしています。

ミョンウォルは、ムミョンと教坊を抜け出します。

自然の中へ行き、鳥が飛んだりえさをやる様子を観察していました。

Cap443 しばらくして、ベンムがミョンウォルの居場所を見つけ、連れ戻そうとすると、ミョンウォルは「あんたの舞譜は偽物よ。・・・傲慢さが大事なことを忘れさせた。鶴の心も鶴になりたい願いもない。」と舞譜を否定します。

ベンムは怒りますが、自分で踊ってみて自分が衰えていることを思い知らされます。

ミョンウォルが、いつもウノに会っていた池に行き、ウノに愛する人ができたことを謝り、指輪を池に落とします。

Cap444 そこへベンムが現れ、「お前の言うとおりだ。もう一度やり直したい。」と言い、ウノにも謝ろうとしますが、ミョンウォルは「あんたの粘りつくような執着が嫌なの。」と許しません。

ビョクケスが鉱脈を見つけたり、いろいろな功績があったので、王が褒美をとらせることにします。

Cap445 ビョクケスはミョンウォルを側室にすることを願います。

ジョンハンは、ビョクケスに「ミョンウォルをそっとしておけ。」と言いますが、「ミョンウォルが妾になろうが関心を持つな。」とやめようとしません。

ミョンウォルが側室になる祝いの宴が行われました。

でも、ミョンウォルは、「愛なきひとの妾になるくらいなら自害する。」と言います。

Cap447 ビョクケスは「文官たちと詩で勝負して勝ったら側室にならなくていい。」と言ったので、ビョクケスたちも入れて、10人と勝負をします。

そして、ミョンウォルが10人を相手に勝ってしまいました。

Cap448 その後妓女たちが舞を踊りますが、負けて面白くないビョクケスは、「舞をやめて酒を注げ」とわがままを言い、ベンムとけんかになります。

だんだんお互い興奮してきて、ついにベンムがビョクケスの前の御膳をひっくり返してしまい、重罰を与えられることになります。

ビョクケスもしつこいよ~。

| | コメント (0)
|

「ファン・ジニ」第16話

Cap432 ムミョンは、キスをしようとしたミョンウォルを止めて、「自分を傷つけるために俺を利用するな。」と言って、帰ってしまいます。

ジョンハンは、ミョンウォルを呼び、「そなたを得るために夢も信念も捨てられると言ったのはいけなかったか?」と聞きますが、「私には捨てるものがないというの?」と言って帰ります。

ミョンウォルが、舞の練習に集中できずに怒られます。

ムミョンも、「(礼判様が)すべてを失う覚悟があれば、妓夫になれるだろう」と言いますが、ミョンウォルが承知するわけがありません。

Cap434 トクパルはずっとタンシムのことが好きで、「妓夫になる」とタンシムに言いますが、タンシムは子供ができたことを話します。

それをクムチュンが聞いてしまい、みんなにビョクケスの子だとわかってしまいます。

ミョンウォルが宴に呼ばれました。

Cap435 ミョンウォルを呼んだ両班が、ミョンウォルを見て「知り合いによく似ている。」と言います。オムスはもちろん顔を見ただけでわかっていましたが、ミョンウォルも話しているうちに自分を捨てた父だと気付き、父の顔に水をかけて帰ります。

でも、オムスが父に頼んだので、父はヒョングムとミョンウォルに会います。

ヒョングムは、ミョンウォルが困ったときには助けてくれると聞いて喜びます。

ミョンウォルは、オムスが頼んだことに気付き、「まちがいです。」と言いますが、オムスは「こういう愛があってもいい。」と言い、ミョンウォルにも「(礼判様から)身を引いて成就できる愛をつかみなさい。」と言います。

ヒョングムは何で、自分を捨てた人をずっと思っていたのかな?オムスのほうがずっと素敵なのに。

プヨンがビョクケスに「礼判様を手に入れるから」と見返りを求めます。

それは、王の即位20周年祝典で、鳴鼓舞と鶴舞を宴で踊らせてもらうことでした。

ジョンハンは、王に呼ばれ、都に帰ることになります。

Cap436 プヨンが来て、ジョンハンを誘惑しようとしますが、「心のかけらも与えられない。」と断ります。

ジョンハンがイライラしていると、ムミョンがジョンハンに「ミョンウォルと共に暮らせる道を探す気はないのですか?」と言います。

ジョンハンが松都を立つとき、ミョンウォルは目も合わせませんでした。

ベンムが「感情の抑え方を覚えたようだ。」と喜びますが、ミョンウォルは、別れてから我慢ができず、ジョンハンの後を追います。

ジョンハンも水辺で、ミョンウォルのことを思い出し、一行と離れて一人引き返します。

思い出の場所で二人は会い、ジョンハンは最初、「友なら良いか?これからずっと親密でいられるか?」と聞くと、ミョンウォルは「さようです。」と答えます。

Cap438 でも、ジョンハンは、「私には無理だ。初めて女人を好きになった。・・・・心を置いていく」と言って一夜を共にします。

朝早く、ジョンハンは笛を置いて都に立ち、ミョンウォルは詩を読みます。

二人がようやく結ばれてよかったです。

今までビョクケスにとられないかハラハラしました。

もうここで終わってもいいです。これから、まだビョクケスもあきらめてないし、最後は知らないけど、ハッピーエンドじゃなさそうな気がするなあ。

一緒になるには、国法を変えるか、チャングムみたいに地方に行って暮らすしかないよね。

チャングムと同じにはしないだろうし、予想では、ミョンウォルは、一人で芸に生きていくと思うなあ。

15話、16話のジョンハンとのシーンが真ん中ぐらいに出てきます。

">

| | コメント (4)
|

「ファン・ジニ」第15話

ミョンウォルは、ビョクケスの後を少し追いますが、途中で引き返します。

それを見て、ビョクケスはあわてて、馬から落ちてしまい、またミョンウォルにバカにされます。

Cap420 ミョンウォルは、ビョクケスがくれた詩は、ジョンハンが書いたものだとわかっていました。それで、初めからビョクケスをからかいに来たのでした。

それに、ビョクケスに教えたヒョングムもミョンウォルと手を組んでいたのでした。

私もすっかり騙されました。ヒョングムもオムスまで騙すなんて・・・

ジョンハンも自分の詩が盗まれたことを知り、ビョクケスに怒ります。

ビョクケスは、「詩を盗んでも気を引きたかった」と正直に言います。

でも、ジョンハンは「お前の真心を伝えよ。焦らず待ってやれ。」と言います。

自分がミョンウォルを手に入れることはあきらめているようです。

Cap423 ジョンハンが夜に都に向かったのを知り、ミョンウォルは馬に乗って追いかけます。

でも途中で、ビョクケスの手下に捕まりそうになります。

でも、ベンムが、ミョンウォルが出かけたことを知り、所長に言って助けに行ってもらったので、ミョンウォルは助かります。

Cap424 ミョンウォルが船の渡し場に行くと、船は出たところでしたが、ジョンハンはミョンウォルに気付き、ひきかえします。

ミョンウォルは、「詩の中の思いが重過ぎて持っていると疲れます。」と言って手紙を返します。

でもお互いの気持ちを知って、ジョンハンはミョンウォルを抱きしめます。

ジョンハンが「身近にいるとつらい。」と言うと、ミョンウォルは、「礼判様の愛は求めません。ですが大志を成す姿を心に留めたい。」と言ったので、ジョンハンは開城に戻って、採譜の仕事を続けることにします。

ベンムは留守様に、ジョンハンが戻ったことを抗議しますが、留守様は「ミョンウォルは色恋で芸を捨てたりせん。我々が見つけれなかった解決策を見つけるだろう。」と言います。

ベンムも留守様との愛に苦しんだから、ミョンウォルに芸を選ぶように言うんだね。信念はわかるけど、間違っているよ~。

ビョクケスは都に戻ります。ついにあきらめたかな?

メヒャンは、ミョンウォルの才能を懐かしみながらも、鳴鼓舞という踊りを思い出して踊ります。

プヨンはそれを見て、鶴舞に対抗するため、「その踊りを完成させ、世に出したい。」と言います。

ジョンハンとミョンウォルは二人で向かい合い、詩を書いていました。

Cap428 ジョンハンは、「女人としての幸せな人生を与えたい。一度だけでもぶつかってみれば・・・」とウノと同じようなことを言うので、ミョンウォルは帰ってしまいます。

トクパルに「(ジョンハンに)素直に気持ちを伝えてください。」と言いますが、ミョンウォルは「愛する人を地獄へ突き落とすのは一度で十分」と言います。

そして、ミョンウォルは妓夫をもつことにします。

所長が、いつもミョンウォルを守っているムミョンが、学識があることを知って、妓夫になること勧めます。

ジョンハンは、このことを知って、ミョンウォルに「私のためだとしたら間違っている。」と言いますが、「妓夫は自分の意思で選べます。」と言ってやめません。

Cap431 でも、ジョンハンがたまらず、また、ミョンウォルに会いに行くと、ミョンウォルは、ムミョンに「妓夫になって。」と言い、ジョンハンが見ていることを知ってわざとキスをしようとします。

そして、ジョンハンは見ていられずその場を去ります。

せっかくお互いの気持ちがわかったのに、また、切ない気持ちに逆戻りです。

キム・ジェウォンが、だんだんかっこよく見えてきました。

| | コメント (0)
|