「食客」第24話(最終話)

Cap026 ソンチャンたちは食材を用意して練習もしていたのですが、ボンジュが打ち合わせをして「料理を変える」と言います。

「牛肉対決のとき、世界を視野に入れ、審査員の趣向を考慮したから勝てた。俺を信じてくれ」と言われて、ソンチャンたちも納得します。

Cap027Cap028

二つ目のメインディッシュは、ボンジュが最後にかけるソースも急に変えて、ソングンから受け継いだ種醤でソースを作りました。

そのソースが決め手だったようで、メインディッシュ対決はマツモト氏29,5点、ソンチャンチーム30点で勝ちました。

Cap031 Cap032

最後のデザート対決もソンチャンチームが勝ちますが、3種目の合計は同点になります。

駐韓大使たちの評Cap034価で決めることになり、ソンチャンチームが勝ちました。

対決の後は、ソンチャンたちはマツモト氏と和解しますが、「また対決するかもしれないから気を抜かないように」と釘をさされます。

ソンチャンはジンスの家によばれてごちそうになります。

「これなら嫁に行ける。」とか「僕は花婿としてどうCap036 かなあ?」とか言うんだけど、「言ってみただけ」とかごまかしてしまいます。ソンチャンらしい。

ジンスはソンチャンと結婚すれば、おいしい料理を作ってもらえそうでいいけど、ジンスが、ソンチャンが満足する料理を作るのは大変そう・・・

ボンジュは雲岩亭の料理を世界に広めるため、世界の都市をめぐってそこの人々の趣向を追求することにします。

Cap037 空港でボンジュはジュヒに「帰ってきたとき、お前の隣に誰もいなかったら、やり直してくれないか?」と言うと、「ずっとあなたを待ってるわ」と答えます。・・・よかったね。

ソンチャンもまた、いろいろなところに出かけて、「達人達の生き方や料理を学びたい。」と言ってまたトラックであちこち回るようです。

Cap039 取材をするためジンスも一緒に出かけます。

最初に出会った達人?はチャングムの育ての父役の人で、この人もよく出てくるよね。

若いうちは、いろいろなところへ出かけて修行をするのも楽しそうです。

最初はずっとボンジュとの対決かと思ったら、肉の部位当て対決、牛肉対決とか、おばあさんとの対決、そのほか、出会った人に料理を作ってあげたりして、いろんな展開?があっておもしろかったです。

料理の盛り付けとかきれいだったし、味を評価する言葉もいろいろあると感心しました。

ソンチャンとジンスの恋愛話は少なめだけど、なかなか合っていていいコンビでした。

| | コメント (6)
|

「食客」第23話

ソングンのお葬式が行われました。

チャウンが、ジュヒの父に怒っています。ほんとに仲のよい友人だったのに、裏切るようなことをして怒れます。

Cap013 マツモト氏も弔問に来ましたが、ソンチャンは「早く帰れ」と怒るし、ボンジュも「弔問をお断りします」と言って帰してしまいます。

でも、マツモト氏は、ソングンに会いたかったようで儀式を遠くからながめていました。

ボンジュが「父が一生かけて築いたものをぶち壊してしまった。」と嘆いていると、ジュヒが「自分を責めないで。」と励まします。

でもソンチャンが「兄さんの言うとおりにするよ。何でもやってやる。」というのにボンジュは「自信がない。もうやめるよ。」と諦めてしまいます。

Cap015 ソンチャンはチャウンからマツモト氏の昔の話を聞きます。

マツモト氏は若い頃コックをやっていて料理に対するこだわりが強く、ソングンにも反発して出て行ってしまったようです。

でもその後、事業を広げただけでなく、世界中の料理の達人を倒したようです。

Cap016 ミヌがマツモト氏から「あなたには信義がない。・・・ソンチャンを代表にする」と言われ、ソンチャンがマツモト氏と組んで雲岩亭を乗っ取るつもりだと誤解してしまいます。

マツモト氏はソンチャンにセベンイのスープを作ってもらって食べますが「心がこもってない」と言います。マツモト氏に腹を立てているのに心をこめるなんて無理だよね。

Cap018 マツモト氏は「私に勝てると思うなら実力で勝負しなさい。あなたが勝てば私は退き、負けたら私と手を組みましょう。」と料理対決を申し込みます。

ソンチャンは引き受け、ボンジュに協力を頼みますが、ミヌから「マツモト氏とソンチャンはグル」だと聞いたボンジュは協力しません。

でもソンチャンは対決の前夜ボンジュに「不安だから助けてくれ」とメッセージを送りCap019ます。そして、ミヌにも「戻ってこいよ。お前が必要だ」と声をかけます。

ミヌは当日来て対決に参加しますがボンジュは来ませんでした。

ボンジュはソングンの墓参りに行っていました。

Cap022でも、チャウンが来てボンジュに話をします。

まず、前菜の料理対決が始まりました。

マツモトチームは満点の30点、雲岩亭は29点で1回戦は負けてしまいました。

    

雲岩亭             マツモトチCap023Cap024

メインディッシュの対決が始まると、ソンチャンが弱気になっていましたが、ボンジュが現れました。

ボンジュがやっとやる気になってよかったです。いよいよ次は最終回です。

| | コメント (2)
|

「食客」第22話

ソングンが倒れてしまったので、ソンチャンが駆けつけました。

Cap002 ソングンは、「ボンジュに厳しすぎた。昔のボンジュにもどるように手を貸してくれ。」と頼みます。

ジュヒの父がボンジュの責任を問うため、理事会を開くことにします。

ボンジュが追放されそうなので、ソンチャンも他の理事にボンジュの味方になってくれるように頼みに行きますがダメでした。

ボンジュもチャン会長に協力を頼みに行きますが、会ってくれません。

Cap005 ボンジュはついにジュヒの父に会いに行って、「すみませんでした。もう1度だけチャンスを下さい。」と頼み、ジュヒも一緒に頼みますが、父は聞いてくれません。

マツモト氏が、ジンスが書いたソンチャンの記事を読んでソンチャンを呼びます。そして、「セベンイ(小エビ)の料理を作ってください」と頼みます。

Cap006 でもソンチャンは「今は余裕がないので、帰国される前に作ります。」と言います。

とうとう理事会が開かれ、ボンジュはみんなに責められて経営権を失います。

ソンチャンがボンジュに「手放しちゃダメだ」と言いますが、ボンジュは諦めてしまいます。

Cap008 ボンジュが諦めてしまったので、ソンチャンが調理服を着て厨房に立ちました。従業員達も活気づきます。

ソンチャンはジンスから、ジュヒの父達のバックにはマツモト氏がいることを聞いてマツモト氏に会いに行きます。

マツモト氏はソンチャンに「韓国料理を世界に広Cap010 めたいだけです。一緒にやりましょう。」と誘いますが、ソンチャンは「雲岩亭を乗っ取って金を稼ぐ気か?」とマツモト氏のことを信じず、怒っています。

ソングンが、昔一緒に仕事をしたマツモト氏が関わっていると聞いてまた倒れてしまいます。

ソングンが「マツモトはダメだ。認めない」というので、ソンチャンCap011は「兄さんと雲岩亭を守るよ」と約束します。

ジュヒがボンジュにソングンが危篤だと知らせ、連れ戻しました。

ボンジュがソングンに謝ると、代々伝わる種醤を出して、「この味を守ることが二人の役目だ」と言います。

夜、ソングンはソンチャンと話しているうちに静かに息をひきとりました。

マツモト氏は、「ガラスの靴」でヤクザの親分役をした人で、ほんとにいろんなドラマによく出てきます。

日本人の役なので日本語を最初しゃべっていたけど、日本語にも字幕をつけてほしいです。

| | コメント (0)
|

「食客」第21話

Cap024ボンジュは、ソンチャンが雲岩亭にきていることが気に入らず不機嫌です。

ジュヒに理事会を招集するように命令します。醤製造システムを変えるみたいです。

ソンチャンは大豆を仕入れた店で、去年の水害の影響で豆が悪かったと聞いてきましたが、古い醤もみんなダメになっていました。

Cap025 ソンチャンが「原因を突き止める」と言いますが、ボンジュに「俺のやり方でやるから帰れ」と言われてしまいます。

ソンチャンはジンスに会いに雑誌社の前に行きますが、ジンスは取材に行くところで話せません。

理事会が行われました。

ジュヒの父が臨時休業を提案しますが、ボンジュは、醤を業者から仕入れることを決定してしまいます。ソングンが反対しても聞きません。

さらにジュヒの父の陶器をやめて英国ロイヤルの器を使うみたいなことを言うので、ジュヒの父は怒って出て行ってしまいました。

ソンチャンはジンスの帰りを待っていました。

そして、「僕も好きだ。君に会いたいし、気になっている・・・」と唐突に告白します。でも、部長が出てきて「雲岩亭が醤を仕入れることにしたそうだ」と言ったのでソンチャンは怒って雲岩亭に向かおうとします。せっかくいいところだったのに・・・

Cap027 でも、一緒に車に乗ったジンスに「醤が悪くなった原因を突き止めてから行くべき」と言われて、塩を調べに二人で行きます。

二人で塩をつくる手伝いをしているとき、ソンチャンはジンスに急にキスをします。急だったのでジンスは怒るけど・・・。

でもソンチャンはすぐに雲岩亭のことに頭を切りかえ、。雲岩亭に届けた塩がにがり入りだったことや、地盤工事をしたときの瓶の下に敷く塩の話を聞いて塩が悪かったことに気づきます。

Cap028 ジュヒの父はボンジュを呼んでジュヒと一緒に食事をしました。そこで、ボンジュは婚約を解消したことをジュヒの父に伝えます。

後で、ジュヒがボンジュに話しかけると、ボンジュは「君を愛したことを後悔している。」と言います。ほんとう?ボンジュがどんどん変になっちゃう。

そんな人じゃなかったはずなのに・・・

ボンジュの言葉がショックでジュヒは倒れてしまいます。

ソンチャンがちょうどその場にいたので病院に運びます。

Cap031 ジュヒはソンチャンにわかめスープを作ってもらいます。そして、「婚約解消はあなたのせいじゃないから、自分を責めないで。元気を出して幸せに生きて見せる。」と言います。

ソンチャンはジンスと職場復帰祝いをやる約束をしていましたが、遅れてしまいます。でも待ち続けてくれたジンスを抱きしめます。

Cap032 ミヌがジュヒの父に近づき、ヨン理事も何か提案して、3人で何かをたくらんでいるみたいです。

ミヌはこっそり書類みたいなのを後輩に渡し、「あの人(誰?)に渡してくれ」と頼んでいるし・・・

雑誌社の会議で部長がニューヨークの日本料理の店で韓国料理のメニューを出していることや、その店の会長は「マツモトジュンイチ」という名で、全世界にたくさんの店を出していることを話しました。

国税庁がいきなり雲岩亭にやってきて、税務調査のために資料を押収します。ミヌが何かの書類を渡したから調査することになったのかな?

Cap034 ヨン理事とミヌとジュヒの父はホテルでマツモト氏に会っていました。

まつもと氏に雲岩亭の経営権を譲る話がでて、ジュヒの父は承諾してしまいました。・・・いきなり何なの?

雲岩亭はニューヨークとソールズベリーに支店を出すことにしていて、認可を受けていましたが、突然認可を取り消されてしまいます。

ソングンが心労が重なり倒れてしまいます。ジュヒがソンチャンに連絡をしたのでソンチャンが駆けつけます。

ソンチャンとジンスがお互いに気持ちを確かめあったのはよかったけど、雲岩亭は醤はダメになるし、ボンジュもおかしいし、ジュヒの父達もおかしいし、どうなっちゃうんでしょう?

| | コメント (0)
|

「食客」第20話

ボンジュは、ジンスといるソンチャンを見て、「卑怯者!」と言って殴ります。

「二人(ソンチャンとジュヒ)の仲はわかっていた。ジュヒが俺にとってどんな存在か知っていてお前は・・・二度と俺の前に現れるな。」と言って去ります。

ジンスもボンジュの言葉にショックを受けて一人で帰ろうとするのでソンチャンは追いかけます。

Cap035 バス停でジンスは「あなたが好きだった。あなたも同じ気持ちかも?と思ったこともあったけど錯覚だった。」と言い、ソンチャンが何か言おうとしても「いい訳は聞きたくない。」と言って帰ってしまいます。

ジンスが告白したんだからソンチャンもさえぎられても言っちゃえばよかったのに・・・まあ、後のお楽しみです。

ソンチャンと料理対決したおばあさんは昔ソングンのことが好きだったみたいです。

ソングンも気があるみたいだけど、二人はハグをしてわかれます。

ボンジュが納品を断られたキムチを試食して「塩辛の熟成が足りない」と言ってミヌを責めます。

ミヌは腹をたてて、また仕返しを企てているようです。

Cap015 ボンジュはイライラしているのか、ジュヒの父の陶器を出すことも保留にするし、大変な時期の雲岩亭を放っておいて、日本へ出張に行ってしまいます。

ソングンはジンスが気にっているのか、ソンチャンに「縁(ジンス)を逃がすな。捕まえろ。」と言います。

それから、先祖から受け継いだ醤をソンチャンに見せます。また、ソンチャンの父親との思い出もソンチャンに話します。

Cap018 ソングンにキムチの納品が断られたことが伝わります。雲岩亭に帰ってソングンはたくさんの醤の味見をしますが、味が悪くて嘆きます。

ソンチャンもその様子を見て、ソングンに「なんとか解決してみせる」と言います。

そして、材料や保存状態などいろいろ調べ始めます。

雑誌社の部長はジンスを呼び戻したくてジンスに何回も差し入れをします。

Cap019 ジンスは怒って返しに行きますが、頼み込まれて記者に戻ります。

チョさんが雲岩亭に戻りました。醤の味が変わったのにがっかりします。

チョさんがはとに白大豆をやっても、はとが食べなかったのをソンチャンが見て、大豆が腐っていたことを見つけます。

大豆が入っている倉庫は鍵がかかっていて、ミヌが鍵を貸してくれません。

でもこっそりジョングが鍵を貸してくれて、中を見ると、やはり大豆が腐っていました。

大豆を仕入れた店を訪ねてソンチャンは理由がわかったみたいです。

その頃ボンジュが出張から帰ってきました。

Cap022 ソングンが「店をたため」と言うのでボンジュは「醤ぐらいで店をたたむなんて・・・」とソングンをにらみます。そこへソンチャンが帰ってきて「わかったよ。問題は豆だ。」と言います。

ボンジュは急にどうしちゃったの?一人で怒って雲岩亭を放っておくなんてひどいよね。早く普通に戻ってほしいです。

| | コメント (0)
|

「食客」第19話

ソンチャンは野菜を仕入れてジンスが働いている一味館の前で、お店を開きます。

ジンスはソンチャンに気づきますが、また店に戻ってしまいます。

Cap001 ソンチャンは一味館にソルロンタンを食べに行って、ジンスと話します。でもちょうどジュヒから電話がかかってきたのでジンスはまた不機嫌です。

ジュヒはソングンに「連絡をとってくれ」と頼まれたのでした。

ジンスが帰ってしまったので、ソンチャンは夜ジンスの家の下まで行きますが入れなくて帰ります。

ソングンがソンチャンの店にやってきて、「江原道でマス釣りをやろう」と誘い、一緒に行きます。

ソンチャンが一味館の店主と仲がよく、マスをあげようと電話をかけると、店主はソンチャンとジンスを応援しているので、ジンスにマスをとりに行かせます。

Cap004 ジンスは一緒に釣りをして、とったマスを持って帰ろうとします。

ソンチャンがジンスを送るとき、誤解したことを謝り、雑誌社に戻るようにいいますが、運転が荒く道の横にそれて止まってしまいました。

そこにおばあさんが現れました。おばあさんはソングンの若い頃の知り合いで、料理がうまく、ソングンでも負けてしまうほどでした。

Cap006 おばあさんが作ったマス塩スープを飲んだソンチャンは、何が入っているのか聞きますが教えてもらえず、自分で作ることになります。

ジンスもマスは宅配便で送り、ソンチャンと一緒にいることにしました。

ソンチャンはジンスと賭けをして、おばあさんの塩スープと同じ味が出せたら、ジンスが雑誌社に戻るということになりました。

ボンジュとジュヒも2号店がオープンしたので江原道に来ていました。二人で夜のホテルの周りを散歩していい雰囲気だったのに、ジュヒは「ソングンがソンチャンと会っている」と言ってしまい、またボンジュは寂しそうです。

ソンチャンは徹夜でマス塩スープを作りますがなかなか同じ味が出せません。おばあさんに怒られながら何回もトライし、やっと同じスープが作れました。

雲岩亭では、醤油や塩辛?の味がおかしくなっていましたが、忙しいミヌは味を確かめません。

日本からの客も「キムチの味がおかしい」と言っています。

Cap010 ソングンの提案で、ソンチャンとおばあさんはマス料理の勝負をすることになりました。おばあさんは封筒に入ったお金を、ソンチャンはトラックの店を賭けました。

何人か人を呼んで審査もしてもらいました。

おばあさんはわざと負けたみたいで、ソンチャンは封筒に入っていたお金と遊園地の券をもらい、ジンスと遊びに行きます。

ソンチャンがもう一度ジンスに謝ると、ジンスは許しますが「あなたのことがわからない」と言います。

ソンチャンはジンスがジュヒのことを気にしてることはわかっていましたが、うまく説明できず黙って手をつなぎます。

雲岩亭は博覧会にたくさんのキムチを出荷しました。ミヌが出すときにようやく味見して味が変だと気づきますがどうすることもできません。

ボンジュはジュヒを婚約会場へ連れて行きますが、ワンドへの乗船券を見てしまい、ジュヒがソンチャンに会いに行ったことを知ってしまいます。

「お前の心はいつもそばにいなかった。二人してだましていたのか?」と怒り、「婚約は考え直そう」と言ってしまいます。

Cap012 そのとき「博覧会にキムチの納品を断られた」と電話が入ってきます。

そして、ソンチャンとジンスが現れたので、ボンジュはいきなりソンチャンに殴りかかります。

え~?どうして?ジュヒとソンチャンが内緒で会っていたからといって、いきなりはひどいよね。

| | コメント (0)
|

「食客」第18話

ソンチャンはソクトンを追いかけて光州行きのフェリーに乗ります。

ジュヒが来ているのにすれ違ってしまいます。

Cap054 ソクトンは母と思われる人に家族がいたので泣いていました。でも、その人がソクトンを見つけて声をかけました。

その人はソクトンの母の友達で「服を送って」と頼まれて送っていたそうです。

ソクトンは住所を教えてもらうことにしてその日は帰りました。

ジュヒはソンチャンがいないので帰ろうとしますが、ソンチャンが追いかけて何とか間に合いました。

Cap059 次の日、ソンチャンがワンド(島)を案内します。二人は仲がよくてデートみたいでした。

二人で灯台に登って昔話をしていると、人が来て降りるように言います。降りるときにジュヒがはしごから足を滑らせソンチャンの腕の中に落ちます。顔が近づいたのでソンチャンはキスしそうになります。

Cap060 でも、外から呼ばれたので何もなく外に出ました。・・・よばれなかったらきっとしてたよね~

ソクトンは、ジンスとソンチャンがうまくいくのを応援しているので、ジンスに電話をかけて「先輩が首を長くして待っている」なんて言います。

ジンスは記者を辞めて、ソンチャンと待ち合わせた一味館という食堂で働いていました。

ジンスはウソだとわかってすぐには行こうとしません。ボンジュは部長から「ジンスが記者を辞めた」と聞いて会いに行きます。

「君は雲岩亭を困らせ、僕は事実をもみ消した。おあいこだから元の場所にもどろう」と言います。

ジンスを辞めさせてしまったのが悪いと思ったのか、それともジンスにソンチャンと一緒にいてもらって、ジュヒにソンチャンのことを諦めさせたいのかなあ?

ジンスは友達に言われてやっとワンドに行く決心をします。

ソクトンは母の居場所を教えてもらうはずだったのに、母の友達が結局教えてくれませんでした。「僕に会いたくないんだ」と泣いていました。

ソンチャンがその友達に事情を聞きにいくと、ソクトンの母は亡くなっているので、言えなかったことがわかりました。

ソクトンはソンチャンと話していて、母が亡くなったことに気づきます。

Cap065 ジンスはソンチャンに会いに来ましたが、ソンチャンがまだ帰っていなくてジュヒに会ってしまいました。

ソンチャンがジュヒに会っていると知って「来たことは黙っていてくれますか」と頼んで会わずに帰ってしまいます。

ジュヒが帰ってきたソンチャンに伝えてソンチャンは追いかけますがもう船が出発したあとでした。

ジンスもソンチャンに気づきます。誤解を解くことができなかったので悲しそうでしたが、ソンチャンが来てくれたのでちょっとはうれしかったんじゃないかな?

ここは切なかったです。でもソンチャンはいったいジュヒとジンスのどっちが好きなの?

Cap066 ソクトンは母と別れる前日にあわびを食べさせてもらったので、あわびを食べると母を思い出してつらいので今まで食べませんでした。

「でももう食べられる」と言ったので、吹っ切れたようです。

次の日ジュヒもソウルに帰ります。帰る前にソンチャンに「記事が出たのは彼女に責任はないの。Cap067 ソンチャンさんが誤解したのよ。」と教えます。

そして「私、婚約するの。祝福してくれる?」と言ってタクシーに乗ります。

タクシーの中で泣いていたから、ほんとはソンチャンが好きなんだよね。

世界美食協会が「待つことの幸せ」というテーマで晩餐会を開こうとしていました。

ボンジュはそのテーマに頭を悩ませていました。

でもソクトンがあわびの養殖をしていて、「育てるのに5年もかかるけど、待ち続けて幸せな出会いを果たす。」と言うのをソンチャンは聞いてひらめきます。

そして差出人は伏せて雲岩亭にあわびを送りました。

Cap068 ボンジュもあわびを見てテーマと結びついたので、あわびの料理を協会の人に出します。

協会の人からは大好評でした。

ソンチャンはジンスのことを思い出してトラックに乗っています。ジンスに会いに行くのかな?

ジュヒとソンチャンの気持ちが揺れるところが面白いようなじれったいような・・・です。

でも、ソンチャンとジンス、ボンジュとジュヒがくっついて幸せになってほしいなあ。

ソンチャンがだんだんかっこよく見えてきました。

| | コメント (0)
|

「食客」第17話

ソンチャンがジンスに会いに来ましたがジンスは気づかず、タクシーに乗ってしまいます。

ジンスはジュヒに会って「知らないうちに記事が流れていた」と弁解します。

Cap042 ジュヒはボンジュが後継者争いのときに材料を隠そうとしたのが本当か確かめると、ジンスは「本当です」と言います。ジンスは詳しいことを知らないからしかたないけど、ボンジュも心の中の葛藤があったのにね。

雲岩亭は、銀行から手形決済を取りやめられるし、牛肉の納品も断られそうです。

でも、ソングンは会見を開いて、ソンチャンを後継者にするつもりです。

ジュヒは、「記事を認めることになり、雲岩亭は信用を失う」と反対しますが、ソングンは聞きません。

Cap043 Cap045

ジンスがソンチャンに会いに行くと、ソンチャンは怒っていて、「記事のために近づいたのか?」と言います。

ジンスが「記事が出たときは一緒にいたのに誤解だとは思わなかった?私もだまされたの。」といいますが、ソンチャンは「もう会うのはよそう」と言って帰ってしまいます。ジンスがかわいそうです。

ソンチャンはボンジュと会い、記事は知らないうちにでてしまったことを言いますが、ボンジュは怒っていて、「雲岩亭を継ぐ資格はない。」と言うので、ソンチャンも怒って「兄さんの言いなりにはならない。俺が引き継ぐ」と言ってしまいます。

ジンスは会社を辞めることにしました。

ボンジュはジュヒに「俺のことを理解してくれるか?君が理解してくれたらあとはどうでもいい。」と言います。

Cap048 ジュヒはソンチャンに記者会見の会見文を見せに行きました。

ソンチャンがつらい思いをしていたことに気づかなかったことを謝り、「でもあなたがこの会見文を読めば、先生(ソングン)も息子を跡継ぎにしようとしたと非難される。」と言いますが、ソンチャンはだまって帰ってしまいます。

次の日会見場にソンチャンが来ました。

Cap049 ソンチャンは「待令熟手の末裔は僕です。でも、記事は事実無根です。

後継者の座を断ったのは僕です。僕には重荷です。継ぐのは兄だと思います。」と言って帰ります。

ジュヒはソンチャンと約束した場所に行きますが、ソンチャンが来ないので一人で食事をします。

ソンチャンも店の外まで来ていたのですが、入らずに帰ってしまいました。

ソンチャンはソウルを離れ、ソクトンのいる島へ行きます。

雲岩亭はソンチャンの会見で信用が戻り、チャン会長もまた店に現れました。

ジュヒが「チャン会長に振り回されている。」とボンジュに言いますが、ボンジュはそのままチャン会長に取り入るつもりです。

そしてジュヒに「ソンチャンに残って欲しかったか?君は俺の味方じゃないだろ?知らないふりをするのはつらすぎる。」と言ってしまったので、ジュヒもつらくなって出て行ってしまいます。

ソンチャンがソクトンの島へ行って、一緒にあわびなどをとって食べます。

Cap051 ソクトンに「雲岩亭に戻って料理を学べ」といいますが、ソクトンは聞きません。

ソクトンは出て行った母を捜そうとしていました。母から小包が届いているのを知り、探しに行ってしまいました。それを聞いたソンチャンも追いかけます。

ジュヒがソンチャンを訪ねて島へ来ようとしていましたが、すれ違いになってしまいます。

ソンチャンの記者会見はかっこよかったなあ。やっぱりソングンや雲岩亭を裏切ることはできないよね。

ボンジュは、自分が店を継ぎたくて悪いこともしてしまうけど、本当はソンチャンが好きだし、いい人だと思う。ジュヒがソンチャンのことを好きなのも気づいていて怒ってしまい、後で後悔するのもなんか切ないなあ。

| | コメント (0)
|

「食客」第16話

ジンスの記事が発表され、雲岩亭は窮地に立たされたので、ボンジュたちは、ソンチャンが牛肉競争に負けた腹いせに記事を出させたと思ってしまいます。

ボンジュはソングンに「キジョンが、材料を盗もうとしたのを、ソンチャンが誤解したようです。」と説明します。ジュヒの父はソンチャンが裏切ったと思って怒っています。

Cap029 ジンスとソンチャンは仲良く鍋やチヂミを作って食べていました。

でも、ジンスの母から「桃の収穫が大変」と電話がかかってきて、母も調子が悪いふりをしたので、ジンスは家に戻ることにします。

ソンチャンが家まで送りますが、ジンスの母は、ソンチャンを収穫の手伝いのアルバイトだと勘違いして手伝わせCap032てしまいます。

ジンスの友達が「ジンスのファイルを盗むなんて・・・」と部長に怒りますが、部長は「そのおかげで、ジンスは正社員に任命された」と反省してないようです。

ボンジュは部長に「訂正記事を出してくれ」と頼みますが断わられます。また、チャン会長に謝りに行きますが、チャン会長は「雲岩亭に肩入れしすぎた」と言っCap034て、これから協力をやめるみたいです。

ちょうどジンスの誕生日だったので、母が料理を作ってくれましたが、塩を入れすぎて、ひどい味になってしまいました。

ジンスの母は舌がんになって味覚を失っていて、味見ができなかったのでした。

ジンスがその話をソンチャンにすると、ソンチャンCap036 は励まし、誕生日プレゼントに花飾りを渡します。

二人はとてもいい雰囲気です。

次の日ソンチャンがジンスの母に心をこめて料理を作ると、ジンスの母の味覚が戻って、味を感じるようになりました。

ジンスはソウルに帰ることになりました。二人はCap038 別れがたく、1週間後に食事をする約束をして別れます。

雲岩亭はアメリカでの行事が中止になったり、客も離れていったので、ボンジュは焦って記者会見を開こうとします。

ソングンは「ソンチャンが来るまで待て」と言ってもボンジュは聞かないので、ソンチャンを呼び出します。

Cap040 ソンチャンが雲岩亭にくるとボンジュが記事を見せて怒ります。でもソングンは「ソンチャンが店を継ぐべき」だと言うので、ボンジュは「僕が悪者になってしまいます」と反対します。

でもソングンはソンチャンに「つらい思いをさせてしまった。戻って来て雲岩亭を継げ」と言います。

ジンスが記事のことを聞いて部長に怒ります。

そして、急いで雲岩亭に?行こうとします。ソンチャンもジンスに会おうと思って来ましたが、すれ違いになりそうです。

ソンチャンがボンジュたちに誤解されてかわいそうだし、ソンチャンもジンスを誤解しそうです。せっかくいい雰囲気の二人だったのに・・・

| | コメント (0)
|

「食客」第15話

Cap059 認知症のおばあさんは、キムチ作りが得意でキムチの材料を集めに南海へ行ったようです。

ジュヒがソンチャンに会いに行きますが、もうアパートは取り壊されていて会えません。家にもどると、ボンジュが花と料理を用意して待っていました。

ボンジュはジュヒにフルコースを食べさせた後、プCap061 ロポーズをします。

いいよね~コックさんの旦那さんだったらおいしいものを食べさせてもらえて・・・でも結婚前だけだったりして・・・

ジュヒは、ぎこちなくもキスを受け入れてしまいます。

ソンチャンのほうが好きみたいだったのになあ。

Cap062 一方ソンチャンのほうも、夜、ジンスと二人でお茶を?飲んでいます。

ジンスが茶畑にカメラを忘れたので、二人で探しに行ったりして、いつも一緒にいるからだんだん惹かれちゃうよね。

そのころ、ジンスの会社では部長がジンスの雲岩亭に関する記事を見つけていました。

ソンチャンが後継者争いから降りたわけが書いてあるみたいです。

Cap063 認知症のおばあさんがいろいろなキムチを作りました。

そして昔追い出した?お嫁さんの所へソンチャンに連れて行ってもらいます。

お嫁さんは、おばあさんを許していませんでした。

おばあさんは帰ってから「ヨンイの母親(お嫁さん)にこれ(茶キムチ)を渡しておくれ」と言って亡くなってしまいます。

Cap064 ソンチャンは、おばあさんの様子を見て、「誰かにふるまいたいという気持ちを忘れて、勝つことしか頭になかった。」と反省させられました。

部長がジンスが書いた「雲岩亭のミステリー」にの記事を勝手に載せてしまいました。

チャン会長がそれを見て怒って電話してきました。

Cap066 その記事も雲岩亭に届き、ボンジュたちはジンスの記事だとわかります。

そのころ、ジンスとソンチャンはシジミとりをして二人で楽しそうにふざけあっていました。

ソンチャンが「だって君が好きだから・・・」とかつい言ってしまいますがジンスは気づいていないみたいです。

Cap065 ボンジュとジュヒはほんとに結婚するのかな?そうなってほしかったけど、ジュヒはなんかすっきりしてないみたいで、一波乱ありそうな感じ。

ジンスのほうが先にソンチャンを好きになったみたいだったけど、ソンチャンもいつの間にか・・・・みたいです。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧