「カインとアベル」20話(最終話)

チョインは「(ソヌが)後悔しながら死んでいくのを見届けたい」と言っていました。

副院長は「私は死刑になってもかまわないからソヌを助けてちょうだい。」と頼みますが、「兄などはいない。戻って、死ねと伝えろ。」とかひどいことを言ってしまいます。

でもヨンジに院長からの手紙を渡され、それを読んだ後、ソヌの手術をすることにしました。手紙には「ソヌに与えられなかった愛情を補ってほしい。・・・」と書かれていました。

でもチョインは手術のときに「過去を悔やみながらゆっくり死んでいくのを見届けてやる。」と言います。

手術の後、ソヌは院長のように、意識は戻っても意志を伝えることができなくなってしまいました。

腫瘍を全部取らないで残していたので、研修医はチョインがわざと失敗したのではないかと疑いますが、カン先生は「CTで見る限り手術は成功です。神経機能の低下は考えられません。」と言います。

前にソヌが患者の腫瘍を全部とってしまい、味覚を失わせた時にチョインは批判していたから、今度もそういうことだよね。

わざとやったんじゃないよね?ここがよくわからなかったなあ・・・

副院長が院長に「チョインの両親を殺したことをチョインが知るのが怖くて、わざと冷たくして遠いところへ行ってほしかった」と言います。

でも十分反省しているようなので、院長も許して「悪いのは私だ。一緒に罪を償おう」とパソコンに打ちます。

ソヌへの手紙もソヨンに託し、ソヨンはそれをソヌに読んであげます。

「愛してる。世界一の脳神経外科医になってくれ。・・・」と書いてありました。

ほんとにもっと早く伝えてよね。

ヨンジはなぜかチョンジュに行くことを決めます。

「お兄さんとのわだかまりがなくなり、楽になったら迎えに来て。」と言います。

1ヵ月後、まだ副院長のことを「お母さん」とは呼べないけど、だいぶわだかまりはとけてきたようです。

そして、チョインはヨンジを迎えにいきます。

そして一緒にソヌのところへ行き、「いいかげんに帰ってこいよ。」と言ったので、ソヌは涙を流してチョインの手をにぎります。

ここもよくわからないけど、ソヌは今まで意識障害のふりをしていたということ?今まで手をにぎったり涙をながすことはできなかったはずだよね。

ソヌや副院長のしたことを考えるとチョインが二人を許せなくても仕方ないけど、最後は仲良くなれてよかったです。

弟を殺そうとすることや、中国での出来事は現実離れしていたなあ。その頃はいったいチョインがどうなるのか先が読めなかったけど、最後のほうはだいたい先がわかってしまい面白みがなかったかも。

ジソブとジミンちゃんもお似合いで、いままでの相手の中で一番二人の雰囲気がよかった気がします。

今まではほとんど死んじゃう役だったけど、今回はめずらしくハッピーエンドだったのもあるかなあ。最後の方はラブラブでよかったし。チョインはおちゃめで優しくてジソブの素に近いんじゃないかと思いました。

| | コメント (0)
|

「カインとアベル」19話

ソヌが倒れてポソン病院に運ばれたので、チョインはソヌに脳腫瘍があることを知り驚きます。

でもソヌは部下の医者に言ってCTの結果を削除させました。

ソヨンがチョインに「ソヌさんの手術をして」と頼みますが、チョインは断ります。

チョインは救命センターを作ることと組織図を発表するように副院長に指示しました。

そして倫理委員会を開いてソヌを追い出そうとします。

翌日救命センターのことが発表されました。研修医もソヌにやめてほしいことを伝えたので、ソヌは怒ります。

ソヌはチョインにも「白衣は脱がない。・・・死んでも医者でいる。」と言います。

無理だよね~。

ソヌは父にも「誰かにメスを奪われることは許せません。」と言うと、父はソヌの手を握ります。

ソヌは泣き、「もう少し早く手を握ってくれていたら・・・」と言います。

ほんとにそうだよね。父が副院長やソヌに優しくしていたら、ソヌたちだってチョインを殺そうなんて考えなかっただろうに・・・。

倫理委員会にソヌは現れませんでした。ソヌは別荘に行ってチョインを殺そうとしたことを後悔していたのでした。

チョインはカン先生からソヌの病状をくわしく聞きますが、チョインは許そうとしません。

ソヌは別荘の近くて倒れてしまいますが、ソヨンがそれを見つけ、「手術してチョインに許してもらって一緒にくらしましょう。」と言います。

院長はヨンジにパソコンの操作を手伝ってもらい、チョインとソヌに手紙を書きました。

ソヌは病院にもどり、チョインに手術をしてくれるよう頼みますがチョインは断ります。

でもソヌはその後倒れてしまいます。

キム医局長もチョインに電話して手術をしないと命が危ないと伝えますが、チョインは病院の屋上で考えていました。

ソヌもチョインに手術を頼むなんてわからないなあ。

| | コメント (0)
|

「カインとアベル」18話

理事会の前にオ理事がもどってきました。副院長は自分の支持者がきて喜んだと思うけど、オ理事はソヌに殺されかけているからチョインの側につくだろうなあ。

理事会が始まりました。

でもその日はソヌの陰謀でヨンジが中国から健診に来た人たちの観光案内をしていました。

チスがツアー客の中に紛れ込みまたヨンジを拉致します。

チスは理事会の最中にチョインに電話をかけ、「ヨンジは預かった。会って話そう。」と言います。

それに、警察が理事会の最中に入ってきて、チョインをチェ社長の殺人容疑で連行します。

でもチョインは病院を出る前にトイレに行き、ボールペンの中のバネを飲み込み窒息しそうになります。そして、キム医局長が手術をすると見せかけてチョインを逃がします。

理事会の結果は6-4で救命センターが設立されると決まりました。やはりオ理事と診療部長が裏切ったのでした。

チョインはチスに呼び出されヨンジを助けに行きます。

チョインとチスの話が携帯に?録音されていて、チョインがあらかじめ警察に連絡していたのか警察がチスを捕まえにきました。

1

チスは連れて行かれましたが、そこにソヌも来ました。

ソヌはチョインに「なぜ(俺を)殺そうとした?」と聞かれ、チョインばかり大事にされて父に認めてもらえなかったからだと言います。

チョインに「謝ってくれれば元の関係にもどる」と言われても謝りませんでしたが、心の中では謝っていました。

ソヌはソヨンに電話をし、「君への愛は本物だった。」と言い、ソヨンも「味方が1人ぐらい必要でしょ。」と許します。

でもそのとき、ソヌは倒れてしまいます。

ソヌがポソン病院に運ばれてきて、チョインはソヌが脳腫瘍だったと知ります。

1話で盛りだくさんの内容でした。チョインが殺人容疑をかけられたときはどうなるかと思ったけど、簡単に決着がついてしまいよかったです。

チョインがソヌの手術をすることになるのかなあ?

| | コメント (0)
|

「カインとアベル」17話

チョインがソヨンにソヌの悪事をばらしたと思ったソヌはチョインに怒りますが、逆にチョインは「ソヨンの前に2度と現れるな。現れたら医師生命もうばってやる。」と言います。

ソヌはチョインの部屋のスクリーンが下りているのとソヨンの置手紙を見て、ソヨンがスクリーンを見たことを知ります。

副院長が「よくソヌを裏切れた」と言ってチョインをたたくところをヨンジが見てしまいました。

副院長こそチョインによくそんなことが言えるよね。

副院長がその後院長の部屋に行き、自分がチョインの両親を殺した話や、「院長を助けなければよかった。・・・死ねばいい。」と言っているのをチョインは聞いてしまいます。

ソヌはソヨンのところへ行き、チョインを殺せと指示したことは本当だと認めます。「君を奪われたくなかった。・・・残された時間を君と過ごしたかった・・・」と言います。

チョインは両親が事故で病院に運ばれてきたときのカルテを見たり、警察署へ行って事故の原因を調べます。

事故の原因はエンジンオイルの漏れによるブレーキの故障でした。

副院長がオイル漏れを起こすようにしたということだよね。

ソヌはソヨンに全部話したことをチョインに告げ、「お前のせいだ」と怒ります。よくチョインのせいにできるね。

脳医学センターか救命センターかどちらを作るかを決めなおす理事会が開かれることになりました。

副院長は脳医学センターを支持するように理事たちに手をまわします。

チョインはヨンジを北朝鮮に一番近いところへ連れて行きました。

そして、「明日ですべてが終わる(理事会で救命センターを作ると決まる)と思う。そうしたら家族になろうか。」とプロポーズをします。

ポソン病院に院長と同じ種類のくも膜下出血の患者が運びこまれます。

ソヌは後輩の反対を押し切って手術をし、今度は成功させます。理事会で手術のやり方が間違ってないことを発表したかったからです。

副院長はチョインに「手を引いて」と頼みますが、チョインはソヌが自分を殺そうといた話をしたので、副院長もショックをうけます。

チョインとヨンジはお似合いなんだけど、ドラマ全体が重苦しい感じだから二人のいいシーンを見ても今ひとつ盛り上がらないなあ。

続きを読む "「カインとアベル」17話"

| | コメント (0)
|

「カインとアベル」16話

チョインはソヨンに夕食に誘われて出かけます。

でもそこにヨンジを連れたソヌが現れ、4人で食事をします。

ソヌがソヨンと結婚するとチョインに言ったので、チョインが驚き反対をします。

でもソヨンが傷つくと思って、ソヌがチョインを殺そうとしていることは言えませんでした。

院長の手術の事例検討会が始まりました。

ソヌが院長を連れてきて指が動くことをみんなに知らせますが、院長はそのことでチョインの立場が不利になるとわかり、けいれんをおこしたフリをしっます。

チョインは、ソヌが院長の正常な脳組織まで摘出してしまい、院長が意識障害になったことや、脳腫瘍のある患者をわざと飛行機に乗せて目立つように手術をして、病院の宣伝をしたことを言います。

その検討会が外部にも伝わり、ポソン病院では診察予約のキャンセルが出始めました。

交流のあるアメリカの病院からも「脳医学センターの経営方針に賛同できない」と言われてしまいました。

ヨンジがソヌとチョインが争っている話を周りの人から聞いて心配していると、チョインは「何が聞こえても耳をふさいでいて。」と言ったり、「恋をすると何度でも顔が見たくなる。」とチョンジュで暮らしたときに言っていた言葉を言ったりします。

ヨンジはチョイ19ンがチョンジュでの記憶があることに気づき始めます。

ヨンジは、中国でチェ社長に頼まれてチョインを監視した話をしますが、チョインは「ヨンジさんは関係ない」と言い、告白をします。

ソヨンがソヌとチョインが対立しているという記事を見て、チョインに会いに行きます。

チョインと話せなかったので、チョインの部屋に行って、「ソヌに脳腫瘍があるから憎まないで助けてあげて・・・」という手紙をおきます。

でもソヨンもスクリーンを見てしまい、ソヌがチョインの殺害を指示したとわかってしまいます。

ソヌはチョインがソヨンにばらしたと思って怒りますが、チョインも「自分のことが心配なんだな。直接ソヨンに聞いて言い訳をしろ。・・・」と言います。

チョインとヨンジのシーンはいいけど、ソヌとチョインの対決はあまり見たくないなあ。

| | コメント (0)
|

「カインとアベル」15話

チョインはチェ社長の仲間に銃をつきつけられますが、チェ社長と殴り合いになっていたときにチョインはチェ社長に薬を注射していたので、チェ社長が突然倒れます。

チェインは銃を奪いますが、殺さずにその場を去り病院に連絡します。

発砲したので、殺しちゃうかと思ったけどよかった~

でもその場に隠れていたチェ・チスがチェ社長たちを殺してしまいまいます。

チョインもチスも後で問題にならないのかな?

チスは、ソヌからチョインも一緒に殺すように頼まれていましたが、ソヌに「今回は殺せなかったがいつか殺す」と電話で報告します。

ソヌはチョインがチェ社長から何を聞いたか心配になり、ソヨンのところへ行きます。

チョインはソヨンのところへは行かず、別荘へ行っていました。

キム医局長は、そのことに気づいてヨンジを別荘に行かせます。

ソヌは、チョインの部屋に入りスクリーンを見てしまい、自分がチョインの殺害を指示したことをチョインが知ったとわかります。

それで不安になって、ソヨンを美術館に連れて行きプロポーズをします。

でもソヨンは何があってもソヌのそばにいると約束はしますが、急いで結婚はしたくないと言います。

チョインは別荘で熱を出していましたが、ヨンジが看病して回復します。

そして、ソウルにもどり、脳医学センターの報告会に出ます。

そして、ソヌの報告を聞いて「手術の成功率がよくてもその後に後遺症が残っていいのか」と言い、院長の手術の事例検討会をするように求めます。

チョインは院長の手術のデータを見て検討会の準備をしますが、ソヌは院長の指が動くのを知って検討会で有利になると思い、喜びます。

チョインがソヌへの攻撃?を始めたけど、ソヌは病気だから仕事もできなくなるだろうし、最後は許してあげるんでしょうね。

ソヌももちろん悪いけど、院長がチョインばかりひいきしてたのも悪いよね。チョインに土地を譲って救命センターをまかせようとしたのだって、チョインの両親のことと関係あるならソヌや副院長に納得できるように説明すればよかったのに。

| | コメント (0)
|

「カインとアベル」14話

ソヌもチョインがチスの手術をわざと失敗すれば、韓国に来てからのヨンジのことを知っていることになり「解離性とん走」という記憶喪失ではないことを証明できると思っていました。

でもチョインは手術を成功させます。

チスの意識がもどったと聞いてチョインがチスのところへ行くと「礼はヨンジにしてやる」というメモを残していなくなっていました。

チョインはヨンジが心配で電話をかけ、翌日にポソン病院へ来るように約束させます。

チスはソヌが隠していました。そしてチスからチョインについて知っていることを聞き出そうとしていました。

チョインは倫理委員会でキム医局長の潔白を証明したので、ソヌは偽りの書類をねつ造した診療部長をチョンジュに左遷することにしました。

チョインはオ部長に「黒幕が誰かを教えてくれたら助ける」と言いますが、オ理事はソヌに助けをもとめに行きます。

チョインに脅された話をして、株価がさがった自分の会社の株を買い取ってもらうように頼みます。

ソヌは買う約束をしますが、裏ではチェ社長に先にオ理事を殺すように頼んでいました。

22

ヨンジはポソン病院に着くと、チョインに外国人対応スタッフの面接を受けさせられました。

そして合格したので、チョインはヨンジに知らせます。

チョインとヨンジはいい雰囲気だったのに、ソヨンが現れチョインとソヨンが昼食を食べに行ってしまったので、一緒に食べようと思っていたヨンジがかわいそうでした。チョインがソヨンと別れたことをまだ知らないんだよね。

オ理事がチェ社長に拉致され殺されそうになりますが、途中で逃げてチョインに電話をします。そしてチョインを中国で拉致したのはチェ社長だと教えます。

チョインはチェ社長に電話して会うことにしました。チェ社長はチョインと会うことをソヌに知らせたので、ソヌはチスをその場へ送ります。

チョインをチェ社長に殺させた後、チスにチェ社長を殺させようとしているのかな?

チョインがチェ社長に拉致の話を聞いて殴るとチェ社長の手下に銃を突きつけられます。

チョインはそのとき、チョインの殺害を指示したのはソヌだと聞きます。

ヨンジがソウルにもどってきてポソン病院で働くことになってよかったです。チョインは、「ヨンジを守る」とガンチョルに約束したからやっぱり近くにいないとね。

それにしてもチョインは1人でチェ社長に会いに行っちゃうから危険な目にあうんだよね。どうやって逃げることができるのかなあ。

| | コメント (0)
|

「カインとアベル」13話

チョインはソヌとソヨンがキスしているところを見てしまいましたが、何も言わず帰ってしまいました。

父のところに行って、「これからどう生きればいいのか・・・」と嘆きます。

ずっとヨンジと一緒にいたから忘れていたけど、ソヨンのことをすごく大切にしていたときの記憶がもどっていたんだよね。

チョインは部屋のスクリーンに思い出したことを書いて頭を整理します。そして、オ理事と診療部長が怪しいので、二人に会います。

オ理事には、偽のチョインの遺灰を持って行って、「この遺灰は送り主に返してください。」と言います。オ理事は自分がチョインの殺害を指示したとチョインが気づいているのを知ります。

診療部長には、キム医局長の潔白を証明する倫理委員会を開くように言います。

チョインはソヌにも「遺灰が送られてきてもDNA鑑定ぐらいしてくれよ。兄さんも俺がじゃまだったのか?」と言います。

ソヌが疑われて怒ったので、チョインは演技なのかわからないけど謝ります。

ソヌはまたチェ社長に電話してチョインを殺害するように頼みます。

ソヨンはチョインに「待ってあげられなくてごめん。・・・でももうソヌから離れられないの。」と言い、チョインも「いいよ。わかっているから。」とあきらめたみたいです。

なぜかまたチェ・チスが病院にきました。脳に硬膜下出血がありましたが

チョインの他にすぐに手術ができる人がおらず、チョインが手術をすることにします。

チョインはチスを憎んでいるから、わざと失敗して殺しちゃうなんてことはないよね?

チョインとヨンジのシーンが見たいから早くヨンジがソウルに来ないかなあ・・・

また画像がないので、動画を借りてきました。

| | コメント (0)
|

「カインとアベル」12話

チェ社長の車はチョインとヨンジの二人をひいて逃げました。

二人は一緒に病院に運ばれます。

ソヌは病院に電話すると、チョインは意識はもどってないがけがは軽いと言われ、病院に駆けつけます。自分で薬を注射して殺そうと思ったのでした。

でもそのときすでにチョインの意識と記憶はもどっていて、ソウルに出かけた後でした。

チョインがポソン病院に現れると、死んだと思っていたみんなは驚きます。

チョインは前の記憶はもどりましたが、撃たれた後の記憶がなくなっていました。

ソヌはチョインがもどってきてうれしいフリをしますが、撃たれてからの半年間の記憶が本当にないかどうか調べることにします。

検査で撃たれてからの記憶がないという診断が出てもソヌはまだ信用せず、ヨンジと会わせて反応をみようとします。

チョインがソヨンのところへ行くとソヨンは喜びますが、ソヌとよりを戻すことにしたので困惑します。

ヨンジはチョインがチョンジュの病院からいなくなったので、心配でソウルまで来ました。

ソヌがヨンジをチョインに会わせると、チョインはヨンジがガイドのときの記憶しかないようでした。

ソヌはヨンジに通訳としてポソン病院で働くように誘います。

でもヨンジは別れを決心していたので、返事を保留して帰りました。

チョインはヨンジとあっさり別れますが、後で遠くからヨンジを見送り「すまない、こんな形でしか見送れなくて・・・」と心のなかで言っていました。

やっぱり撃たれた後の記憶を失ったフリをしていたんだね。ヨンジのことを覚えていてくれてよかった~。

チョインはソヨンからの留守電のメッセージを聞いて、チョインがいなくなってどんなに苦しん20でいたかがわかり、会いに行きました。

でもソヨンのところにはソヌがいて、チョインがもどってもソヌとやり直すことをソヨンが話したので二人はキスをします。

二人のキスをちょうど駆けつけたチョインが見てしまいました。

21

チョインとヨンジがうまくいってほしいので、ソヨンがソヌとよりを戻してくれてよかったけど、ソヌがあんな悪人だとは知らないソヨンはかわいそうです。

副院長たちやソヌの悪事がどうやってばれていくのかなあ。

| | コメント (0)
|

「カインとアベル」11話

ガンホがソヌの電話番号を思い出して電話をかけ、「イ・チョインを知りませんか?」と聞きますが、ソヌはかけまちがいだと言って切ってしまいます。

キム・ヒョンジュ(元医局長)がガンホを病院で見かけ声をかけますが、ガンホはヨンジが来たのを見て「オ・ガンホです。」と言います。

でもヨンジは「イ・チョイン先生に間違いありません。」と答え、今まで隠していたことを謝ります。

チョインに「なぜ黙っていたのか?」と聞かれ「チョイン先生が好きだったから。そばにいてほしかったから。」と答えます。

ソヌはチェ社長に電話してチョインがキム・ヒョンジュに会ったと聞くと、何を話したかを調べに行くことにします。

ヒョンジュはチョインに失踪する前の話をします。そしてチョインは中国で拉致され撃たれた話をして、「僕を殺そうとしたのは誰かを確かめたい。・・・今は誰も信じられない。」と言います。

ソヌはチョンジュに行き、チョインがヒョンジュに何を話したがを探ったり、わざとチョインの隣に座って反応があるか調べます。

チョインはソヌを見ても何も覚えてないようなので、チェ社長に電話してチョインを始末するように指示します。

ヨンジが店の材料の買出しをしていると、チョインが来てピクニックに誘います。でも「(隠していたことを)許したわけじゃない。待たないでくれ。」と言います。

二人はピクニックに行って、ヨンジは中国で会ったときの話をしたり、チョインからもらった手紙を見せます。

夜は、ヨンジが特別に頼んで大統領の別荘?でチョインと過ごします。

ヨンジはチョインがいない時にソヨンに電話し、「チョイン先生に関するものを渡したいからチョンジュまで来てください。」と頼みます。ソヨンは一緒にいたソヌを誘います。

ヨンジは別荘でチョインとジャガイモギョウザを食べました。

「明日ソウルへ行くけど、なぜか怖い。・・・チョンジュで暮らした日々が一番幸せだったと思うかもしれない。・・・・必ず君のところへもどってくるよ。」と言います。

でもヨンジは記憶がもどれば自分のことは忘れられると思っていてもどってこないと覚悟していました。

ヨンジは朝、ソヨンとの待ち合わせ場所のメモを置いて出て行きました。そして二人が会うところを影から見ようとその場所で待っていました。

チェ社長は別荘から出るチョインを拉致することに失敗して待ち合わせ場所に向かいます。

ソヌはソヨンとチョインが会わないように発作が出たフリをします。その間にチェ社長は横断歩道にいたチョインを車でひこうとしますが、チェ社長に気づいたヨンジがチョインの前に身を投げ出します。

チョインはヨンジの告白を聞いて最初は怒っていたけど、またもどってくることを約束してくれてよかったです。その約束を忘れちゃうかもしれないんですけどね。

今回は画像が見つからなかったので、チョインとヨンジが中心の動画です。やっぱりお似合いです。

| | コメント (2)
|